『かわいい』が生まれる場所。

【実は簡単!】Wi-FiモデルのiPadでGPS機能を利用する方法

【実は簡単!】Wi-FiモデルのiPadでGPS機能を利用する方法

AppleのiPadには「Wi-Fi」モデルと「Cellular」モデルの2種類が用意されています。この種類の違いについての質問は、かなり多く寄せられているようです。

今回はそんなiPadの「Wi-Fi」モデルと「Cellular」モデルの違いや、GPS機能の有無について紹介していきます。

iPadは全てGPS機能が付いているの?

iPadの比較画像

出典:apple公式

iPadは「Wi-Fi」モデルと「Cellular」モデルの2つの種類があります。でも、iPadの「Wi-Fi」モデルと「Cellular」モデルに基本的なスペックの違いは無いようです。処理能力や本体サイズも違いはありません。

本体サイズやスペックは同じですが、価格と通信方式、GPS機能の有無という点では大きく違います。「Wi-Fi」モデルは、Wi-Fi環境がなければインターネットに接続出来ませんが「Cellular」モデルはWi-Fi環境が無くてもインターネットに接続出来ます。

しかし、「Cellular」モデルをWi-Fi環境が無い場所で使用するためには、通信契約をしなければいけません。なので、使う人の生活環境によって使い分けることが大切となります。

GPSが付いている「Cellularモデル」

GPS機能が搭載されているのは「Cellular」モデルのみとなります。「Cellular」モデルの最大の特徴は、通信契約さえしていれば、場所を選ぶことが必要なくインターネットが利用できるという点です。

しかし、「Cellular」モデルにもデメリットはあります。それは、SIMカードの契約をしなければいけないうえに毎月通信費が掛かる点です。

仕事でよく外出されている方や、ポケットWi-Fiを持っていない方は「Cellular」モデルの方がおすすめです。さらに「Cellular」モデルにはGPSが搭載されているので、カーナビゲーションとしても使用できます。

GPSが付いていない「Wi-Fiモデル」

「Wi-Fi」モデルには、GPS機能は搭載されていません。「Wi-Fi」モデルは基本的にWi-Fi環境が整っている環境でしか使用できません。そのため「Cellular」モデルよりも安価に手に入れられます。

すでに自宅でWi-Fi環境が整っている方なら問題なく使用できますが、Wi-Fi環境が無い場合は新たにWi-Fi環境を設置し、それに伴う通信契約などの費用がかかるデメリットもあります。

「Wi-Fi」モデルを選ぶ方は、自宅にWi-Fi環境が整っており外出をあまりせずにiPadを持ち運ばない方に向いています。また、外出する際もポケットWi-Fiなどのモバイルルーターを所持しているのであれば、「Wi-Fi」モデルでも問題はないようです。

iPadにGPSを付けるメリット

iPadの「Cellular」モデルには、GPS機能が付いているのでGoogleマップなどのような地図アプリからポケモンGOなどのように、GPS機能を使用するアプリが使えます。

iPhoneでみる地図アプリよりも、iPadで見る地図アプリの方が画面が大きいので見やすく、カーナビゲーションとしても使用されているようです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。