『かわいい』が生まれる場所。

LINEオープンチャットの検索・入り方・できないときの対処法解説!

LINEオープンチャットの検索・入り方・できないときの対処法解説!

Contents[OPEN]

【LINE】オープンチャットに参加できないのはなぜ?

オープンチャットに参加しようと思ったのに参加できない、といった声も時折挙がっています。

しかしこれにはちゃんと原因があるのです。

「鍵マーク」の意味

オープンチャットには、誰でも参加できるものと、管理者によって承認された人だけが参加できるものの2種類があります。

承認された人だけが参加できるチャットルームは、いわゆる「クローズド」のチャットルーム。参加ボタンに鍵マークが付いているものがそうです。

鍵マークが付いたチャット―ルームへは誰でも参加申請を出すことはできますが、管理人が承認するかどうかを決定するので、全員が入れるとは限りません。

この鍵マーク付きのチャット―ルームへの入り方は2種類があります。管理人に承認してもらうタイプと、参加コードを入力して入るタイプです。

承認制のオープンチャット

まずは承認タイプのオープンチャットから見ていきましょう。

承認タイプのものは、オープンチャット内を検索すると意外と多く出てきます。そのチャットルームに、より適した人を選ぶためだと考えられるでしょう。

鍵付きのオープンチャットを見つけたら、ここまで触れてきた手順の通り、参加ボタンを押します。

承認制

承認制の場合は、この参加ボタンを押すと質問が出てくるのが特徴です。管理人から出された質問に回答し、右上の「次へ」へ進みます。

承認制

そして、チャットルームで使用するニックネームと画像を設定して「回答」ボタンを押せば完了です。

すると、先ほどの参加ボタンが「承認待ち」になるので、管理人から承認されるのを待ちましょう。

参加コードが必要な招待性のオープンチャット

次に参加コードを入力して入るオープンチャットについてです。

参加コードが設定されているルームは、入れる人がより限定されます。

例えば、限定された友だち間でチャットをしたい場合などには便利でしょう。

該当のルームの参加ボタンを押したら、参加コードの入力画面に移ります。知らされているコードを入力し、右上の「次へ」を押せば参加完了です。

承認制

承認制

年齢制限によるもの

LINEでは、青少年保護を目的として、18歳未満のユーザーはオープンチャットを作成したり、検索窓でチャットルームを検索したりできない仕様になっています。

また、上で紹介した鍵付きのチャットルームにも参加できません。

つまり、18歳未満のユーザーが参加できるのは、鍵が付いていない全体公開のルームのみということになります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。