『かわいい』が生まれる場所。

LINEオープンチャットの検索・入り方・できないときの対処法解説!

LINEオープンチャットの検索・入り方・できないときの対処法解説!

Contents[OPEN]

【LINE】オープンチャット利用上の注意

最後に、オープンチャットを利用するにあたって注意しておくべきポイントを押さえておきましょう。

KW検索は年齢確認が必要

参加するルームを探す際、検索窓に直接キーワードを入れるやり方もあります。しかし、これはLINEで年齢確認が行われていることが条件です。

また、格安SIMを使っている場合も、検索窓が出ないということなので、そのあたりも注意が必要でしょう。

未成年はKW検索機能を使えない

年齢認証されている場合であっても、ユーザーが18歳未満である場合はキーワード検索ができません。18歳未満の場合は、カテゴリから入りたいルームを探すしかないのです。

不適切な投稿は通報機能を利用!

ルームには、稀に不適切な発言をするような参加者もいます。その場合は迷わず通報機能を使いましょう。

該当のメッセージを長押しし「通報」を選択します。

通報

すると通報理由の選択画面に移るので、どのような点が通報するにあたるのかを考えましょう。

通報

送信ボタンを押せば、LINEの運営サイドに内容が送られ確認を行い、その内容によってはアカウントの利用停止や凍結といった対処を取る場合があります。

LINE ID交換はしない!他SNSのIDも!

オープンチャットでやり取りをしていると、中には気が合いそうな参加者とも出会うでしょう。しかし、友達になりたいからと気軽にID交換などをしてはいけません。

オープンチャットでは、LINE IDなどを含む個人情報の交換は禁止されています。これは後々のトラブルを避けるためでもあるので、しっかり守りましょう。

身バレする投稿に注意!

LINEのやり取りとは異なり、オープンチャットは匿名で行うものです。

ただ、やり取りをしていく中で、プライベートな内容を打ってしまって身分がバレてしまうということも稀にあります。

気軽にできるチャットではありますが、自分の身分が開かされないように、投稿する際には気を付けましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。