『かわいい』が生まれる場所。

カカオトークに電話番号なしで登録する裏技と複数アカウントの作り方

カカオトークに電話番号なしで登録する裏技と複数アカウントの作り方

複数アカウントを作るなら電話番号も複数必要

カカオトークでは、1つの電話番号に対して1つのアカウントしか作ることができません。

同じ番号でいくつかアカウントを作ろうとすると、「今まで使っていた情報が消えますがいいですか?」と表示が出るとお伝えしました。

アカウント注意

いくつかアカウントを作りたい場合は、増やしたいアカウントの分電話番号も複数必要になります。

この仕組みはLINEと同じですね。

カカオトークに電話番号なしで登録する裏技はある?

ここからはどうしても自分の電話番号を使って登録したくない!という人向けに、「裏技」をご紹介。

合わせて、カカオトークの友だちになった人に登録した電話番号がバレないのか?というギモンにもお答えしていきますね。

この裏技を使って登録するときには、準備しないといけないこともあるので、注意しましょう。

友だちに電話番号がバレる危険性は?

カカオトークと同じコミュニケーションアプリであるLINEも登録の時に電話番号が必要です。

しかし、LINEは追加している友だちに登録した電話番号を知られることはないですよね。

では、カカオトークではどうなのでしょうか?

カカオトークでも電話番号が友だちにバレることはありません!

しかし、今使っている番号で登録することで、連絡先を登録している人にアカウントがバレることはあるでしょう。

アカウント自体も知られたくないのであれば、はじめのプロフィールを入力する時に出てくる「連絡先の友だちを自動登録」のチェックを外しましょう。

プロフィール登録

必要事項を入力した後に、カカオトークのホーム画面を表示した時にも同じ内容のポップアップが出てくるので、「許可しない」を選んでくださいね。

チェックが入ったまま登録を進んでしまうと、アカウントがバレるので注意です。

アプリで仮の電話番号を作成

ここからが本題の「裏技」についてご紹介していきますね。

カカオトークをはじめるには必ず、電話番号が必要なのは変わりません。

しかし、自分が今メインで使っている電話番号でなくても登録ができるのです。

そのため、仮の電話番号をカカオトークを使うためだけに作って、それを利用することで携帯に契約している電話番号を使わずにはじめることができます。

仮の番号はアプリで簡単に作ることができるんですよ。

例えば、Text Plusなどがあります。

このサービスを利用することで、今使っている(090)や(080)の番号ではない番号を作ることができるのです。

誰か(親など)に電話番号を借りる

カカオトークを利用するには、電話番号が必要であることはずっとお話ししてきましたよね。

逆に電話番号があれば、誰の番号でも登録することができるということです。

そのため、もしどうしても自分の使っている電話番号を使いたくないときは、家族などに番号を借りて登録することもできます。

しかし、登録の時に送られてくるSMSの認証番号は登録した番号に届くので注意が必要ですね。

認証番号が無いと先に進むことができないので、貸してくれる相手が近くにいる時しかできないというデメリットもあります。

誰かに借りるよりも、IP電話の番号を自分で作ることをおすすめします。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。