スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】音楽を簡単に転送する方法!できない原因はなに?

【iPhone】音楽を簡単に転送する方法!できない原因はなに?

iCloudミュージックライブラリに問題がある(Apple Musicを利用している場合)

ト

最新バージョンのiOSでは「ライブラリを同期」は、元々有効になっていますが、もし無効になっていた場合は同期することができません。

iPhoneの「設定」から「ミュージック」をタップすると画面に「ライブラリを同期」が表示されるので、無効になっていた場合は有効に戻してください。

iTunesを最新バージョンにアップデート

iTunes設定メニュー画面画像

PCのiTunesソフトの場合、iTunesを起動した状態でiPhoneをPCにUSBケーブルで接続すると、iTunesウィンドウの左上に「iPhone」のアイコンが表示されます。

このアイコンをクリックし、設定メニューの概要を選択します。

iTunesソフトウェアバージョンチェック画面画像

iTunes右側に接続しているiPhoneの詳細情報を表示されるので、「更新プログラムを確認」からソフトウェアが最新のバージョンかどうかを確認できます。

iTunesのソフトウェアが最新のバージョンではなかった場合は、「アップデート」を選択して最新バージョンのアップデートをインストールしてください。

iPhoneの容量を減らす

iPhoneホーム画面の設定アイコン画像

iPhoneのストレージ使用量を確認する画面には、まずiPhoneのホーム画面から「設定」をタップしてください。

ト設定画面から一般の画像

すると、iPhoneの設定メニューがある画面が表示されるので、上部にある「一般」を選択します。

iPhoneストレージの画像

「一般」を選択すると、iPhoneの基本情報を設定する画面を表示します。その中から中部にある「iPhoneストレージ」を押します。

ストレージを圧迫している画像

現在インストールしているAppと、各Appが消費しているストレージ容量を数字とリストにまとめて表示されます。

App詳細画面画像

Appをタップすると、「Appを取り除く」と「Appを削除」の操作ができます。

「Appを取り除く」では、App本体が使用している分のストレージは開放しますが、データは保管している状態になります。

「Appを削除」をタップすると、App本体と関連データ全部が削除されます。この方法を行えば、iPhoneの空き容量が元に戻るので、新しく転送された音楽を保存することもできます。

ケーブルを差し直す

USBケーブルの接触が悪くなっていて、端末同士が正しく接続できていないことも考えられます。

設定を確認して原因を直しても同期されない場合は、USBケーブルも差し直すなどしてチェックしてください。

何をしてもダメなら再起動!!

これまで紹介してきた同期ができない原因を試しても改善しない場合は、iPhoneの電源を再起動してみてください。

ソフトウェアの設定に間違いがない時は、iPhoneやPCに不具合が起きている可能性があるので、設定変更など何をしても改善しない場合は再起動をしましょう。

音楽の同期は、思ったよりも簡単にできる

iPhoneのAppleMusicからPCのiTunesへの音楽の同期は操作方法が多く、難しいと感じてしまう方が多くいますが、操作してみれば意外と簡単に音楽の転送ができます。

iTunesよりも簡単に転送ができるソフトなども開発されていますが、自身が操作してみて、一番簡単だった操作方法を選ぶことも大切です。

ぜひ、この記事を参考にしながら、自分に合った方法で音楽を転送してみて下さい。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。