『かわいい』が生まれる場所。

【Googleドライブ】容量の確認・空きを増やす方法をご紹介!

【Googleドライブ】容量の確認・空きを増やす方法をご紹介!

オンラインのストレージサービスを使用したことはありますか?クラウド形式であらゆるファイルを保存することができるので、スマホやタブレット本体のストレージを圧迫することがなくて便利ですよね。

また、単にデータを保管しておくだけでなく、バックアップとしても役立ちます。機種変更の際や、意図せずデータを削除してしまった場合にも焦る必要がなくなるのです。

そんなオンラインストレージサービスは、世界中で多くのサービスが存在しています。これらの中から今回はGoogleドライブに焦点を当ててご紹介していきます。

Googleドライブで利用しているデータ保存容量の確認方法や、いっぱいになってしまった時にストレージの空き容量を増やす方法などについても解説していきます。

【Googleドライブ】容量を知りたい!どんなサービスなの?

早速本題に入りたいところですが、Googleドライブに関してまだよくわからない方に向けて、まずはどのようなサービスなのかについて説明をしていきます。

使ったことがない方は、こちらからチェックしてください。実は誰でも気軽に利用することができるサービスなんです。

Googleドライブは、主にオンラインストレージサービスとしての機能が使えますが、そもそもオンラインストレージとはなんなのでしょうか?

オンラインストレージとは、ネットワーク通信を介してスマホやPCのデータを別の保存場所に移行できるサービスです。登録したユーザーは、プランによって使えるストレージ容量が決められています。

Google提供のオンラインストレージサービス

Googleドライブとは、Googleが提供しているオンラインストレージサービスです。

Googleアカウントを持っているだけでどなたでもGoogleドライブへデータを保存することが可能です。iPhoneでもAndroidでも基本的には対応していますので、安心して使えますよ。

Googleアカウントがあれば誰でも無料で使える

Googleドライブはアカウントを持っているだけでどなたでも利用できると説明しました。ここで気になるのは料金ですよね。この点についても安心してください。基本的に、Googleアカウントを持っている人であれば無料で利用可能です。
 

【Googleドライブ】容量はどのくらい?

Googleドライブを使うことによって、利用できる容量はそもそもどのくらいなのかということについて説明していきます。

無料なら15GB

基本的なプランでは無料でストレージ容量が使える仕組みになっています。費用が発生せずに使えるストレージは15ギガバイトまでです。無料でも結構な容量が使えますよね!

無料で5ギガバイトまで使えるというオンラインストレージサービスがよくみられますが、それよりも遥かに大きなストレージを利用できますので、こちらがGoogleドライブの大きなメリットとして挙げられます。

15ギガバイトの上限に達してしまった場合には、有料プランに切り替えることで、さらに容量を増やすことが可能です。有料プランとストレージに関しては後ほど詳し解説しますので、そのまま読み進めてください。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。