スマホで見つける、もっと可愛い私

【知ってると便利!】LINEのKeepメモ機能の使い方をご紹介

【知ってると便利!】LINEのKeepメモ機能の使い方をご紹介

この記事は公開日から1年以上が経過しています。

【LINE】Keepメモ機能の使い方

keepメモ機能がどんなものなのか分かったところで、今度はその使い方について見ていきましょう。

通常のトークルームのように使える

前述したように、keepメモ機能は1人グループを作って使っていた場合と同じように使えます。

なので、通常のトークルームと同じように使うことができるのです。

使い方は、送信したいメッセージをトークとして送信するだけです。

ピン留めしておくと便利

keepメモ機能を利用するならば、ピン留めしておくことをおすすめします。

LINEはその性質上、新しいトークがトーク画面の一番上に来るようになっています。

つまり、古いトークはどんどん下に降りていくわけです。メモ機能と友達や知人からの連絡でどちらの方が頻度が高いでしょうか?おそらく友達や知人からの連絡ですよね?

そうなると、せっかくメモしていた内容がトーク画面の中でどんどん下に下がっていってしまうわけです。

それを防止するために、ピン留め機能を利用します。

ピン留め機能は、トーク画面の一番上に表示させる機能のことです。複数設定することもできるので、大事な人のトークはピンで留めておくといいでしょう。

ちなみに、新しいトークはピンで留めたトークの下に順次表示されていきます。

ピンに留めておきたいトークを長押しして、ピンという項目を選択するとピン留めできます。

ピン留め

トークリスト上から非表示にすることも可能

LINEのkeepメモ機能は、不要であれば非表示にすることもできます。

ここでポイントとなるのが、非表示にはできるけどトークを削除することはできないということです。

非表示は削除とは違うので、内容が消えることはありません。再度表示設定をONにすれば今まで送信した内容がそのまま残っています。

例えば彼氏や彼女、家族や先輩など大事な人からの連絡が複数人から来る場合、LINEのkeepメモ機能が邪魔になるケースがあります。

そんな時には非表示設定にして、大事な人からの連絡を優先して表示させ、後で落ち着いてから再表示の設定をすることで、自分専用のメモが復活するという使い方もできちゃうんです。

非表示

keep内を整理することができる

今まで自分1人だけのグループを作って、そこに色んな情報を書き込んだり動画や画像を送って管理していた人にとっては、この整理できるというポイントが非常に高いのではないでしょうか?

LINEのkeepメモ機能に送信した内容は、文章であろうと動画や画像であろうとkeepに即保存されます。

メモ用紙マークをタップ

keepメモのトークルームを開いて右上のメモ用紙マークをタップするか、ホーム画面の自分のアイコン横のkeepボタンをタップすることで保存された内容を確認することができます。

keepを開くと、今まで保存されたデータが一覧になって表示されます。トーク画面同様にピン留めすることで最上位に持ってくることが可能です。

ピン留めしたいデータの…をタップしてピン留めを選択しましょう。

また、keepに保存したデータを自分の好きなカテゴリーに分けて分類することができます。これをコレクションと呼びます。

keep画面右上のプラスボタンからコレクションは追加できるので、試してみてください。

例えば、お気に入りとか思い出など自由にコレクション名を付けることができます。

keep内を整理

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。