スマホで見つける、もっと可愛い私

【知ってると便利!】LINEのKeepメモ機能の使い方をご紹介

【知ってると便利!】LINEのKeepメモ機能の使い方をご紹介

この記事は公開日から1年以上が経過しています。

【LINE】Keepメモがトークタブに表示されないときの対処法

ごく稀に、keepメモがトークタブに表示されない場合があります。そんな時の対処法も紹介しておきます。

LINEアプリをアップデートする

まず真っ先に考えることは、LINEのアプリのアップデートです。

keepメモ機能は、iOS版バージョン10.11.0以上、Android版バージョン10.11.0以上、PC版バージョン6.1.0以上から利用できます。

LINEアプリのバージョンを確認し、必要に応じてアップデートしてください。

非表示設定を解除する

非表示設定を解除

keepメモを非表示にしている可能性もあります。

前述したように、keepメモは邪魔な時にトーク画面から非表示にすることができます。

もし、非表示にした場合は一度LINEを閉じて再度起動させても表示されません。表示させるにはきちんとした設定が必要です。

まずLINEの設定画面を開き、トークの項目から非表示という項目を選択してください。

非表示リストの中にkeepメモがあれば、再表示を選択しましょう。

これでLINEのkeepメモを再表示できます。

グループトークを使う裏技も

中にはLINEをアップデートできない人もいるかもしれません。もしくは、何かしらの原因でkeepメモが表示されないという方もいることでしょう。

そんな場合には、グループを作って誰も招待しないで自分だけがメンバーになることで、keepメモとほぼ同様の機能を利用することができます。

ただし、keepメモと違って自動的にkeepに保存されるわけではないので、必要に応じてkeepに保存するようにしましょう。

また、トークを削除すると今までの履歴は全て消えてしまうのでその点にも注意が必要です。

【LINE】Keepメモ機能の活用例

最後に、LINEkeepメモ機能の活用例を紹介していきます。

ToDoリストして使う

ToDoリスト

最もポピュラーな使い方としては、ToDoリストとして使う方法です。

つまり、やることリストですね。

やることを1つ1つメッセージとして送信してもいいですし、まとめて送信してもいいですね。自分の使いやすいやり方を選択しましょう。

終わったらトークを削除すれば終了です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。