『かわいい』が生まれる場所。

【スマホ写真】日付の確認・変更方法は?おすすめアプリもご紹介!

【スマホ写真】日付の確認・変更方法は?おすすめアプリもご紹介!

【写真の日付を変更】おすすめiPhoneアプリ①「HashPhotos」

ここまで、撮影された写真が保存されている「写真」アプリや「アルバム」アプリから、撮影された写真の撮影日時を確認する方法を紹介しました。では、画像データに表示されている撮影日時を変更することはできるのでしょうか。

iPhoneやAndroidスマホの標準機能では、記録された撮影日時を変更することはできません。でもアプリを使えば撮影日時の変更が行えます。どんなアプリを使えば、撮影日時の変更が行えるのでしょうか。

これからiPhoneとAndroidスマホのそれぞれのスマホに対応している、おすすめの写真日付変更アプリを2つずつ紹介します。

まずはiPhone対応のおすすめアプリです。最初に紹介するのは「HashPhotos」は、写真の管理を効果的に行うためのアプリで、App Storeのレビューで4.6という高評価を得ています。

「HashPhotos」の特徴は、保存されている写真をグループ化するためにタグを付けて管理できることです。写真の日付変更も行える便利なアプリでもあります。

HashPhotos

日付を個別に変更する手順

「HashPhotos」を使って写真の撮影日時を変える方法は2つあります。個々に撮影日時を変える方法と、まとめて一緒に変える方法の2つです。これからそれぞれの変更法を説明します。最初は個々に撮影日時を変える方法です。

まずは「App Store」から「HashPhotos」アプリをインストールしましょう。

インストールしたらアプリを開きます。トップ画面を立ち上げる前に、スマホ内の写真にアクセスを求めるためポップアップが表示されるので「すべての写真へのアクセスを許可」をクリックしましょう。

写真へのアクセス

トップ画面が立ち上がります。画面左上に表示される「HashPhotos」のアイコンをクリックしましょう。

アイコン

メニューが表示されます。表示されているメニューの中から「Recents」をクリックしましょう。

Recents

スマホの「写真」アプリに保存されているすべての写真がリストアップされて表示されます。その中から撮影日時を変えたい写真をクリックしましょう。

写真の選択

選択した写真が立ち上がります。画面の左下に「転送」アイコンがあるのでクリックしましょう。

転送アイコン

メニューが表示されます。表示されているメニューの中から「Adjust Date/Time」をクリックしましょう。

Adjust Date/Time

「Adjust Date/Time」画面になります。ここで撮影日時の変更を行います。変更が終了したら「Adjust」をクリックしましょう。

Adjust

ポップアップが表示されます。「Try(3 times left)」をクリックしましょう。

変更

選択した写真の撮影日時が変わりました。

撮影日時の変更完了

なお、「HashPhotos」アプリの無料版は、写真の撮影日時は合計3回までしか変えられませんので注意してくださいね。

日付をまとめて変更する手順

続いて、撮影日が同じ写真の日付をすべてまとめて変える方法を説明します。先ほどアプリ上で開いた、スマホ内のすべての写真がリストアップされて表示されているページに戻りましょう。画面右上にある「Select」をクリックします。

Select

日付を変えたい写真をすべて選択します。選択したら、画面左下に表示されている「転送」アイコンをクリックしましょう。

転送アイコン

メニューが表示されます。表示されているメニューの中から「Adjust Date/Time」をクリックしましょう。

Adjust Date/Time

「Adjust Date/Time」画面になります。ここで撮影日の変更を行います。変更が終了したら「Adjust」をクリックしましょう。

Adjust

ポップアップが表示されます。表示されている項目の中から「Try(2 times left)」をクリックしましょう。これで撮影日の変更が選択したすべての写真に適用されます。

変更

時間の微調整もできる!

「HashPhotos」アプリには、海外旅行の際に便利な機能が付いています。時間の微調整機能です。海外は日本と比べ時差があるため、海外旅行の訪問先の現地時間にスマホの時間を変更し忘れると、撮影する写真もそれを反映してしまうので、写真の保存順序がおかしくなってしまいます。

そんな時に便利なのがこの機能です。操作方法を説明します。「写真の選択」→「転送アイコン」→「Adjust Date/Time」へと進んでいきましょう。「Adjust Date/Time」画面に「Time Shift」があるのでクリックしましょう。

Time Shift

「Time Shift」画面になります。ここで時間の微調整をしましょう。終わったら「Adjust」を押します。その後「Try(1 times left)」を選択し変更内容を確定しましょう。

時間の微調整

【写真の日付を変更】おすすめiPhoneアプリ②「Metapho」

2番目に紹介する、iPhone対応のおすすめ写真撮影日時変更アプリは、「Metapho」です。App Storeレビューで4.7という高い評価を獲得した信頼性の高いアプリです。「Metapho」は、写真のメタデータ、つまり画像データの関連情報を管理できるアプリです。

「Metapho」が管理する画像データの関連情報には、日付、ファイル名、画像サイズ、カメラの種類、シャッタースピード、撮影場所などが含まれます。「Metapho」アプリの魅力の1つは、日付編集が行えることです。

Metapho

変更手順

「Metapho」アプリを使って、撮影された写真の撮影日時を変更する操作方法をこれから説明します。「App Store」から「HashPhotos」アプリをインストールしましょう。

インストールしたらアプリを開きます。画面に「Allow Access」があるので押します。スマホ内の写真にアクセスを求めるためポップアップが表示されるので、「すべての写真へのアクセスを許可」を選択しましょう。

写真へのアクセス

「Recents」の画面が立ち上がり、写真の一覧が表示されるので、撮影日時を変更したい写真を選択します。

写真の選択

選択した写真のメタデータ画面が立ち上がります。日付変更機能は無料オプションではないので課金が必要です。画面の下メニューにある「カレンダー」アイコンを押すと490円の支払いを求める画面が立ち上がるので支払いを済ませましょう。

カレンダー

「Date Edit」画面が立ち上がります。ここで撮影日時を変更します。変更作業が終わったら「Next」をクリックしましょう。

撮影日時の変更

ポップアップが表示されるので「Edit Original」を選択しましょう。

Edit Original

写真の変更を尋ねるポップアップが表示されるので「変更」をクリックします。これで撮影日時が変更されます。

変更

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。