スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneの写真がパソコンに表示されない原因と対処法!HEICとは?

iPhoneの写真がパソコンに表示されない原因と対処法!HEICとは?

iPhoneで写真や動画を撮って保存していると、あっという間にiPhoneのストレージがいっぱいになってしまいます。

パソコンにデータを保存しようとiPhoneを繋いだら認識されず、写真や動画の保存ができないといった経験があるのではないでしょうか。

この記事で、iPhoneの写真がパソコンに表示されない原因とその対処法について詳しく解説します。

iPhoneの写真がパソコンで表示されない!保存先は「DCIM」

iPhoneなどのスマホに限らず、デジタルカメラの画像データも、DCIMフォルダに保存されます。

データを保存できない原因と対処法を知る前に、まずはDCIMについて理解しておきましょう。

「DCIM」とは

DCIMとは「Digital Camera Images」を略したものです。日本語では「デジタルカメラの画像」となります。

DCIMは、「カメラ映像機器工業会-CIPA」が作った標準規格である、「カメラファイルシステム規格」によって決められたデジタル画像のフォルダです。

その目的は、SDカードなどの記録メディアを共有できる機器を介して、他のデバイスでも画像を閲覧できるようにすること。

つまりiPhoneで撮影されたすべての画像は、デジカメでも、Androidスマホでも閲覧できます。

DCIMの開き方

iPhone内にあるDCIMフォルダを開くには、パソコンとiPhoneを繋げなくてはいけません。パソコンを通してiPhoneのDCIMフォルダを表示させる必要があります。

DCIMの開くには、まずUSBケーブルでiPhoneとパソコンを繋げましょう。

パソコンの下にあるメニューから「エクスプローラー」を選択します。その後右メニューにある「PC」を選択してください。

エクスプローラー

「Apple iPhone」をダブルクリックします。

Apple iPhone

「Internal storege」をダブルクリックしましょう。

Internal Storage

「DCIM」をダブルクリックして開きます。

DCIMフォルダ

「DCIM」フォルダにある画像データが表示されます。

DCIM内の画像データ

iPhoneの写真がパソコンに表示されない原因と対処法

iPhoneの写真がパソコンに表示されない原因は、iPhone、iCloud、フォーマット、ドライブの4つに分けられます。

それぞれ確認してみましょう。

パソコンからiPhoneへのアクセス許可がない

iPhoneの写真がパソコンに表示されない場合、もしかするとパソコンからiPhoneへのアクセス許可がないのかもしれません。

パソコンからアクセス許可がなければ、iPhoneの画像データをパソコンに転送することはできません。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。