スマホで見つける、もっと可愛い私

【スマホ】Googleカレンダーの使い方を徹底ガイドします!

【スマホ】Googleカレンダーの使い方を徹底ガイドします!

この記事は公開日から1年以上が経過しています。

住所をGoogleマップで確認

次にGoogleマップで住所を追加する方法を紹介します。Googleカレンダー上に表示された予定を押し、「鉛筆」アイコンを押して「予定の編集」画面を立ち上げましょう。画面に「場所を追加」があるのでクリックします。

場所を追加

位置情報の許可を求めるポップアップが表示されるので「Appの使用中は許可」をクリックしましょう。

ポップアップ

表示したい住所を記入すると候補が表示されるので、該当するものを選択しクリックしましょう。

住所

選択した場所が写真付きで追加されるので「保存」をクリックします。

保存

Googleマップで住所が追加されました。

住所の追加

メモ入力

次に、Googleカレンダーの予定にメモを追加する方法を説明します。先ほどの「予定の編集」画面に戻ります。「説明を追加」があるのでクリックしましょう。

説明を追加

メモを入力します。

メモの入力

入力したメモが反映されました。

入力メモ

ファイルを添付する

次に、予定にファイルを添付する方法を説明します。先ほどの「予定の編集」画面に戻ります。「添付ファイルを追加」があるのでクリックしましょう。

添付ファイルを追加

「最近使用したアイテム」画面になるので、添付したいファイルを選択します。

最近使用したアイテム

選択したファイルが表示されるので「✔」をクリックします。

確定

「予定の編集」画面に戻るので「保存」をクリックし確定しましょう。

保存

【スマホ】Googleカレンダーの使い方!同期について

Googleカレンダーは、AndroidスマホだけでなくiPhoneでも利用できます。Googleカレンダーで設定した予定などをiPhoneのカレンダーアプリなどに同期できれば便利です。これからGoogleカレンダーの同期方法を説明します。

同期手順

iPhoneのホーム画面にある「設定」アプリを開きます。表示されているメニューの中から「カレンダー」を選択しましょう。

カレンダー

「カレンダー」画面になるので「アカウント」を選択します。

アカウント

「アカウント」画面になるので「アカウントを追加」を選択しましょう。

アカウントを追加

「アカウントを追加」画面になるので「Google」を選択します。

Google

ポップアップが表示されるので「続ける」を押します。

ポップアップ

アカウントの追加画面になるので、追加したいGmailを入力します。その後「次へ」をクリックしましょう。

Gmailの入力

パスワードを入力し「次へ」をクリックします。

パスワード入力

「Gmail」画面になります。「メール」「連絡先」「カレンダー」の3つが「有効」になっていることを確認します。

Gmail

「アカウント」画面に「Gmail」が追加されています。

Gmailの追加

注意!同期できるのは1年前まで

Googleカレンダーの同期が可能なことは分かりました。ただ注意点があります。同期は恒久的なものではなく1年限定という上限があります。それでiPhoneのカレンダーアプリなどにずっと同期状態を維持したいなら、毎年同期の更新をするようにしましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。