スマホで見つける、もっと可愛い私

【iCloud】写真が共有できないときの対処方法を教えます!

【iCloud】写真が共有できないときの対処方法を教えます!

この記事は公開日から1年以上が経過しています。

オフのままだと共有はできない

「iCloud写真」の設定がオフになっていると、iPhoneで撮影した写真やダウンロードした画像は端末のストレージに保存されます。

写真の共有はiCloudのサーバーを通じて行われるため、この設定がオフになっていると写真を共有することはできません。

そのため、写真を共有できない時は「iCloud写真」の設定がオンになっているか一度確認してみましょう。

iCloudの写真が共有できないときの対処方法《Wi-Fiを確認する》

Wi-Fiの設定がオフになっていたりログインしないと接続できない公衆Wi-Fiに意図せず接続されていたりすると、iCloudの写真を共有することができません。

iCloud写真の設定をオンにしても解決しない場合は、利用しているWi-Fiの接続状況を一度確認してみましょう。

確認手順

Wi-Fiの設定を確認する時の操作手順は以下の通りです。

操作手順

  1. 「設定」を開いたら、「Wi-Fi」をタップ。
  2. 「Wi-Fi」がオフになっていた場合は、トグルスイッチをタップして設定をオンに切り替える。

Wi-Fiの設定をオンにしたら、接続されているWi-Fiに問題がないか確認して下さい。

Safariを起動した時にログインページが表示されたりWebサイトが表示されるまでに時間がかかったりする場合は、電波を正常に受信できる別のWi-Fiに接続してみて下さい。

何かおかしいときは一度オフにする

Wi-Fiの電波を正常に受信できる場所にいるのにネットに接続できないなど、原因が分からない不具合が発生している時は、Wi-Fiの設定を一度オフに再度オンに切り替えてみましょう。

そうすれば、通信状態がリフレッシュされてWi-Fiの電波を正常に受信できるようになり、iCloudの写真も共有できるようになるかもしれません。

iCloudの写真が共有できないときの対処方法《一度サインアウトする》

Wi-Fiの接続状況にも問題がないのに共有できない場合は、iCloudから一度サインアウトしてから再度サインインしてみて下さい。

サインアウト・サインイン手順

iCloudからサインアウト・サインインする時の操作手順は以下の通りです。

iCloudのユーザー名をタップ

「サインアウト」をタップしましょう。

「サインアウト」をタップ

Apple IDのパスワードを入力したら「オフにする」をタップして下さい。

「オフにする」をタップ

iPhoneに残すデータを選択したら「サインアウト」をタップします。

iPhoneに残すデータを選択

確認画面が表示されたら「サインアウト」をタップしましょう。

「サインアウト」をタップ

サインアウトしたら「iPhoneにサインイン」をタップして下さい。

「iPhoneにサインイン」をタップ

Apple IDを入力したら画面右上の「次へ」をタップします。

Apple IDを入力

Apple IDのパスワードを入力したら画面右上の「次へ」をタップしましょう。

Apple IDのパスワードを入力

端末のパスコードを入力して下さい。

端末のパスコードを入力

これで、iCloudへのサインインは完了です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。