スマホで見つける、もっと可愛い私

奪われたくない!男性が「独占欲」をかき立てられる女性の特徴

奪われたくない!男性が「独占欲」をかき立てられる女性の特徴

「独占欲」をほどよくかき立てるのは、男性の心をつかむポイントのひとつです。

「奪われたくない」という気持ちが湧き起こってきたら、愛情も一気に大きくなっていくでしょう。

そこで今回は、男性が「独占欲」をかき立てられる女性の特徴について紹介します。

「ライバル」が現れた

「ライバルになりそうな男が現れたら、絶対に取られたくないという気持ちが一気に爆発する。そこで本気モードになるのかもしれません」(20代・男性・営業)

気になっている女性が、自分以外の男性とも仲良くしているのを知ったら、男性の嫉妬心に火がつくはず。

そして、その男性のことをライバル視し始めて、独占欲も一気に大きくなることでしょう。

女性が色んな男性から人気が高い場合にも、同様に独占欲が働くので、「誰にも渡したくない」という思いが芽生えますよ。

「理解」を示してくれる

「僕のことをちゃんと理解してくれる女性は、すごく大切にしたいという気持ちになります。そういう女性と付き合えたら絶対に幸せですからね」(30代・男性・IT)

自分の良き理解者である女性は、パートナーとして理想的な相手です。

だからこそ、「彼女にしたい」とか「奪われたくない」といった気持ちが強くなるのは、ごく自然なこと。

意見や考え方を頭ごなしに否定しないのはもちろん、仕事への理解も見せられると、男性からの信頼はとても厚くなるでしょう。

一緒にいると「落ち着く」

「結局のところ、一緒にいて落ち着く女性が一番ですね。相性もいい感じがするから、彼女にしたいという気持ちもどんどん大きくなっていきます」(30代・男性・通信関係)

「手放したくない」と男性が感じる女性の特徴のひとつは、一緒にいると落ち着くこと。

癒されて和む相手でもあるので、疲れたときや弱っているときなどに、大切な心の拠り所になるのでしょう。

刺激を求めるばかりではなく、安心してなんでも話せて素を見せられる関係性を築けたら、絆はもっと深まりますよ。

「言いなり」にはならない

「思い通りにならない女性のほうが、こっちもスイッチが入ります。なんとかして好きになってほしいって、本気で思うようになります」(20代・男性・販売)

好きな男性に嫌われないようにと、なんでも従順に言いなりのようになるのは、完全に逆効果。

すべてが自分の思うままになったら、張り合いが一切ないので、男性は一緒にいても何も楽しくないでしょう。

嫌なことは嫌だとはっきり伝えると、都合よく扱われるようなこともないですし、男性の独占欲をかき立てることもできますよ。

さいごに

男性の独占欲は、そのまま愛情へとつながっていきやすいです。「手放したくない」と男性に思ってもらえたら、あなたへの気持ちも本気のものになることでしょう。

(山田周平/ライター)


カナウ編集部

この記事のライター
カナウ編集部

記事提供:カナウ

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。