『かわいい』が生まれる場所。

【Facebook】絵文字を使う方法は?おすすめアプリ・サイトもご紹介

【Facebook】絵文字を使う方法は?おすすめアプリ・サイトもご紹介

【Facebook】ショートカットコードを使った絵文字入力について

冒頭で、絵文字のショートカットコードについて触れました。

頻繁に使う絵文字であれば、わざわざ一覧から探さなくても、コードを覚えておけば、かなり早いスピードで投稿できたりメッセージを送れます。

入力手順

ショートカットコードの入力方法は簡単。

指定されているコードをそのまま打つだけです。

絵文字サイトなどには、主な絵文字のコードが一覧になっている場合もあります。

そちらからコードをコピーして、投稿画面やMessengerの画面に貼り付けるのも便利です。

Facebookの投稿画面に入力する時を例に挙げて具体的に見て行きます。

投稿画面を開いたら、使いたい絵文字のショートカットコードを入力します。

ショートカット

絵文字にならない!と慌てなくても大丈夫です。

編集画面にコードを入力した時点では絵文字に変換されず、投稿した時に絵文字になります。

絵文字に変換されない代わりに、万が一コードが間違っている場合でも気づきにくいので、コードを入力する際は慎重に行いましょう。

そのような意味でもコピペするのが良いです。

一通り絵文字や文章を入力したら、あとは「投稿」ボタンを押すだけ。

ショートカット

すると、編集画面ではコード表示されていたものが絵文字になって投稿されています。

ショートカット

主なショートカットコード一覧

誤入力を防ぐためにも、コードをコピペするのがおすすめです。

下記に、Facebookで使用頻度が高いと思われる絵文字を一覧にまとめたので、是非こちらも活用してみてください。

ショートカット

注意!スマホ版Facebookでは入力できない

ショートカットコードを使うにあたり注意点が1つあります。

ショートカットコードは、スマホ版のFacebookでは入力・表示ができないということです。

先ほどPC版でコードを入力してみましたが、該当の投稿をスマホで見てみると、絵文字には変換されずコードそのものが投稿されています。

設定

またスマホ側でコードを入力して投稿した場合も同様で、絵文字には変換されずコードがそのまま投稿されます。

スマホ版でこのコードが入った投稿を見た人は、この投稿が何を意味するのか分からないですし、間違って投稿したと思われることもあるかもしれません。

ですので、コードを使う際には注意が必要です。

Messengerはコードに対応

一方で、MessengerはPC・スマホ両方ともショートカットコードに対応しています。

PCでコード入力したメッセージをスマホに送った場合も、スマホでコード入力したメッセージをPCで送っても、正しく表示されています。

このことから、ショートカットコードを使うのはFacebookではなくMessengerの方がオススメです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。