『かわいい』が生まれる場所。

【意外と簡単!】Facebookページの作成方法や使い方まとめ

【意外と簡単!】Facebookページの作成方法や使い方まとめ

普段何気なく利用しているFacebookには、本来なら直接お店まで行ってみないと分からないような内容までも紹介することができるビジネス向けの「Facebookページ」があります。

それだけでなく、Facebookページのイベント機能を活用するとイベントに向けた準備や告知なども簡単にできるようになるのです!

「便利だから私もしてみたい!けど難しそうだな…」という方でも大丈夫!

実は、Facebookのアカウントを持っている方なら誰でも簡単に作成することができちゃいます。

この記事では、Facebookページの作成方法やイベントの登録方法、使い方やうまく活用するポイントなどを解説していきます!

Contents[OPEN]

【Facebook】イベントページとは?

そもそもFacebookページとは管理者が発信者となるページで、ビジネスとして利用されることが多いため、個人よりも企業や団体により多く使用されているのが特徴です。

よく似ているもので「グループ」がありますが、ページとは使用する「目的」が異なっており、グループは同じ趣味や共通の話題などで交流するために利用する方が多いです。

「ビジネス」と耳にすると、うちはどっちにも当てはまらないかな…と思ってしまう方もいるかもしれませんが、「イベントに参加する人を集めたい」という方は「ページ」を使うと良いでしょう!

Facebookページで「イベント機能」を使うことで、

  • イベントを発信して集客!
  • イベントの参加申し込み受付
  • 作成したグループにイベントを発信 など

このように便利に活用することができますよ!

セミナーなどのイベントを発信して集客できる!

イベント機能を使うことで多くの人に発信することができるようになります!

しかも「イベント」だけがまとめて表示されるページもあるので、とても見やすくてより多くの人に見てもらえるようになります。

  • ○○市で開催のイベント
  • 近日開催予定のイベント
  • 現在開催中のイベント など

このようにピックアップして紹介されることもあるので、集客効果も期待することができます!

また、紹介しているイベントの参加だけでなくページをチェックしてくれるファンを増やす効果もあるかもしれません。

イベントページからイベントの参加申し込みも可能

実は「イベント」機能を使うことで、イベントページからイベントの参加申し込みを受けることもできます!

特に書類や材料の準備が必要な教室や体験会、セミナーなどを開催する方は、何人くらい参加してくれるかをあらかじめ知ることができるので、かなり助かりますよね!

グループを作成してイベントを発信することもできる

例えば、オンラインフェスを開催するには、まず「出演してくれる方」が必要となりますが、「みんなに発信するのではなく出演して欲しいる人だけに発信したい」、「連絡先を知らなかった…どうしよう…」というケースもありますよね!

そんな時でも、グループを作成することで、グループのメンバーだけにイベントについて発信することができます!

このように、イベントを活用することで、かなり「便利」にすることができます!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。