『かわいい』が生まれる場所。

【意外と簡単!】Facebookページの作成方法や使い方まとめ

【意外と簡単!】Facebookページの作成方法や使い方まとめ

Contents[OPEN]

【Facebook】イベントページを作成して成功する方法

このように招待や編集ができるイベントページですが、せっかく作るなら上手に使いこなしたいですよね。

そこで、以下の3つのポイントを工夫してみて下さい。

告知する場合は新しい情報も追加する

イベントの告知をする場合には、できれば新しい情報を追加するようにすると良いでしょう!

例えば、まずはFacebookページにて、

    10月はハンドメイド教室・親子でテラリウム体験・コーヒー試飲会を開催予定です。
    (開催日などの詳細は追ってお知らせしていきます)

と投稿しておき、イベントページを作成します!

イベントページには投稿することができるので、

  • 当日に向けた準備風景
  • 当日に作成するもの
  • 具体的に当日にどんなタイムスケジュールで開催されるのか など

新しい情報が決まり次第告知していくと良いかもしれません!

告知の最後に、

  • まだまだ参加受付中ですので、もしよかったら参加されませんか!?

と加えておくのも良いかもしれません!

自己紹介を行う

これまで何度もイベントを開催している方もこれからイベントを企画している方も、自己紹介を行うと良いと思います。

なぜなら、あなたのイベントページやFacebookページを「初めて見る」方もいるからです。

  • イベントを開催するのはどんな人(店または団体)なのか
  • どんな思いでイベントを開催しているのか など

を知って、自分が参加しやすいイベントなのかを判断すると人も多いと思います。

  • 自己紹介がきっかけで、Facebookページやイベントに興味を持ってもらえることもあるようです!

個別メッセージの機能を活用する

イベントを成功させるためにはみんなへお知らせするだけでなく、時には「個別」での対応が必要な場合もあるでしょう。

そんな時には「個別メッセージ機能」を活用することをおすすめします!

「Messenger」はFacebookアカウントがある方が利用できるサービスなので、連絡先を知らない方にも連絡を取ることができます!

更に、

  • 予約したタイミングでアラートを送ってくれる機能
  • イベント参加者だけでグループを作成
  • アンケートの実施
  • 位置情報を共有する など

このような便利な機能もあるので

  • 当日の臨時駐車場の場所
  • 開催日やイベント内容に関するアンケート
  • イベント前日に自動で告知してくれるように設定 など

以上のような場合にも使うことができるのでおすすめですよ!

【Facebook】イベントページの注意点

最後にご紹介するのは、イベントページを利用する際に注意して欲しいところについてです!

とても便利な機能ですが、このポイントを押さえておかないとイベントページを使いこなすことは難しいので、ぜひチェックしてみて下さい!

参加ステータスが未定の場合は人数を把握しにくい

参加ステータスが「未定」の場合、イベントに参加する人数を把握しにくくなってしまいます。

例えば、合計で25人の方がステータスボタンをタップしてくれたとします。

  • 参加予定 5人
  • 未定(または興味あり) 20人

この場合、実際に参加される人数が一体何人なのか把握しにくいですよね。

これがもし「飲食店で開催するオフ会」なら、予約は自分を含めて6人でいいのか、多く想定して26人で予約したらいいのか悩んでしまうので、注意が必要です。

そのため、例えば

  • お店の予約は「参加予定」の人数でさせて頂きます!
    なので、「未定」を選んでいる方の中で参加を希望される方は、ステータスを△日までに「参加予定」に変更して頂けると喜びます!

などと伝えてみると良いかもしれません。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。