『かわいい』が生まれる場所。

男性に「嫌われるLINE」と「好かれるLINE」

男性に「嫌われるLINE」と「好かれるLINE」

友達や恋人と連絡を取る定番といえばLINEでしょう。

便利なLINEですが、使い方次第ではマイナスイメージを与えることも。

今回は男性に嫌われるLINEを紹介。

併せて模範解答の好かれるLINE例も見てみましょう。

ただの連絡が終わらない

女性「明日の待ち合わせ、18時に駅前でね」
男性「了解。よろしくね」
女性「時間厳守ね」
男性「うん、わかってる。
じゃあまた明日」
女性「明日何食べる?」
男性「イタリアンにしよう」
女性「たまにはラーメンとかいいね」
男性「(OKスタンプ送信)」
女性「どこのお店にする?」
男性(いつまで続くの?このLINE……)

このようにただの待ち合わせの時間確認かと思いきや、やりとりが延々と続くのをウザイと思う男性は多いです。

気になる男性とはつながっていたい気持ちや、明日のデートが楽しみな気持ちの表れなのかもしれませんし、単なるひまつぶしなのかもしれませんが、嫌われLINEです。

下手をしたら男性側のデートのテンションがただ下がりする可能性もあります。

好かれるLINE例

女性「明日の待ち合わせ、18時に駅前でね」
男性「了解。よろしくね」
女性「会えるの楽しみ!じゃあまた明日(かわいいスタンプ)」

連絡や確認のLINEはこれくらいがベターです。

相手がまだいろいろやり取りしたそうなら続けてもいいですが、絶対に確認しておきたいこと以外はあえてLINEしないほうが、しつこくなくてベターでしょう。

スタンプだけの返信

デート後に
男性「今日はいろいろ話せて楽しかったです。
また遊びましょう」
女性「(相槌のスタンプ)」
男性「それでは、帰宅まで気を付けて」
女性「(おやすみスタンプ)」         
男性(脈なしそうだな……)

デートの後に男性がしてきたLINEに対して、スタンプのみで返信するのはおすすめできない対応。

もし「次はないな」と思った相手なら正しい対応ですが、また会いたいと思う男性ならあまりに気遣いのない態度です。

帰宅中の電車内とかでスタンプでしか送信する余裕がなかったなどの場合は、すぐにスタンプだけの返信をするよりも、帰宅してからしっかり文章で返信したほうが好印象です。

好かれるLINE

男性「今日はいろいろ話せて楽しかったです。
また近いうちに会いましょう」
女性「こっちも楽しかったです!
次に会えそうな日、明日連絡しますね」
男性「ありがとうございます!
それでは帰宅まで気を付けて」
女性「〇〇さんも気を付けて!(おやすみスタンプ)」           

デートの後は過剰なやり取りをする必要はありませんが、最低限のコメントを考えて送信する気遣いは必要。

楽しかったデートの余韻を残したままお互い帰宅できますし、次のデートにもつながります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。