『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneアプリのバックアップ方法!これでゲームデータも安全!

iPhoneアプリのバックアップ方法!これでゲームデータも安全!

iPhoneにはアプリを含めてたくさんの情報がつまっています。

とても便利ですが、不意にiPhoneが手から滑り落ちて水没してしまうと、データが消えてしまう恐れがあります。

多数の情報によって日々の生活が便利になっている分、データが消えてしまうとショックも大きいです。

万が一の損傷に備えてデータのバックアップをしておくことは大切です。

また、機種変更をするときには、バックアップをすることで、今までと同じ情報を新しい端末にもスムーズに移すことができます。

今回は、iPhoneアプリのバックアップ方法について詳しく説明していきます。

この記事を参考にして、大切なデータを守ってください。

Contents[OPEN]

【iPhone】アプリをバックアップする方法は?

iPhoneアプリをバックアップする方法は複数存在します。

今回は3つの方法について詳しく説明していきたいと思います。

まずはどのようなバックアップ方法があるか、概要を見ていきましょう。

専用ソフトを使う

iPhoneアプリをバックアップするための専用ソフトがあります。

専用ソフトのため、バックアップに特化した使いやすさがあります。

専用ソフトにもいろいろ種類がありますが、特におすすめのソフトでのバックアップ方法を後の章で詳しく説明するため、参考にしてください。

iCloudでバックアップする

iCloudを使ってバックアップする方法もあります。

そもそもiCloudとはアップルが提供しているクラウドサビースのことで、クラウドとはメモリーカードなどの実体は持たないけれど、写真や音楽などのデータを保存できる機能のことです。

雲のようなイメージからクラウドと名付けられています。

実体を持たないため不安に思うかもしれません。

しかし実際には、メモリーカードは紛失の恐れがありますが、iCloudではApple IDをしっかりと管理していれば、どこにいてもスマホからデータを引き出すことができるのです。

このiCloudにiPhoneデータを一旦保存することで、バックアップできるということです。

iTunesを使う

iTunesはダウンロードした音楽や動画をiPhoneに保存する機能をイメージする人が多いのではないのでしょうか。

iTunesもAppleが提供するサービスの1つで、バックアップするときにも使うことができます。

普段からiTunesを使っているという人はバックアップするときもiTunesがなじみがあっていいかもしれません。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。