『かわいい』が生まれる場所。

【12星座別】2021年2月前半の運勢

【12星座別】2021年2月前半の運勢

2月は厳しい寒さが続きますが、徐々に春の気配も顔を出す季節。

ですが今年の2月前半は自粛ムードがある中で、何をどう動けばよいかわからないという人が多いのではないでしょうか。

とにかく前へ進まないと! と焦っている人も多い印象ですが、闇雲に焦るのではなく、まずは自分の在り方を確立させてリラックスする事が重要です。

では2月前半の運勢を12星座別にご紹介していきます。

おひつじ座(牡羊座)3月21日~4月19日生まれ

牡羊座さんの2月前半の運勢は、「冷静になる」様な時期となりそうです。

今は何がしたいのか自分の中で確認したい。

その為に、目の前で何が起こっているのかを冷静に見極めていきたいという想いが強くなるでしょう。

冷静だからといって、内にも外にも冷たくなるという意味ではありません。

むしろ、自分の暖かさや周りのぬくもりを感じる為のクールダウンなのです。

今の時期は、じっくり瞑想してみるのも吉です。

おうし座(牡牛座)4月20日~5月20日生まれ

牡牛座さんの2月前半の運勢は、「足音を立てる重要性に気づく」様な時期となりそうです。

去年から今まで、静かに自分の中の気持ちや状況の整理をすることが多かった牡牛座さんですが、2月前半はあえて”自分はここにいますよ”と発信していく様に、わかりやすく足音を立てることが重要になってきます。

心にためている色んな思いも素直に言葉に出すのが吉。その言葉に気づく人が現れることで、良い巡り合わせがうまれそうです。

ふたご座(双子座)5月21日~6月21日生まれ

ふたご座さんの2月前半の運勢は「先延ばしせずに動く」様な時期となりそうです。

これから様々な変化を体験する事が多くなるふたご座さん。

”これは明日でいいや”と先延ばしていたことも、いつの間にか手をつける日が無くなってしまう等、余裕がなくなってしまう事が予想出来ます。

だから、このようなご時瀬でも「返信をすぐに送る」「読みたかった本をすぐに読む」等、今動けるものに関しては、動ける時に動いておく。

自分の想いを言葉や行動にしていくという勢いを大切にすると、良い流れをつかめそうです。

かに座(蟹座)6月22日~7月22日生まれ

蟹座さんの2月前半の運勢は「冷静になっていったん距離を置く」様な時期となりそうです。

これからの目標を考えた先に「こんな自分になっていたい」という思いが浮かんできたら「今の状態はどうかな?」と自分の中で振り返ってみて下さい。

そうする事でこれからした方が良いことが見えてきたり、まわりの人との付き合いの在り方を納得する形で整理する事ができそう。

相手に冷たくするための距離感ではなく、やさしい自分でいる為の距離感を意識して、冷静にどんな自分でいたいかを整理してみて。

しし座(獅子座)7月23日~8月22日生まれ

しし座さんの2月前半の運勢は「安らぎへの疑念に気づく」様な時期となりそうです。

少し不穏な感じにも思えますが、自分の求めるものは”そこではなかった”と気づく事が出来る重要な時期にあたります。

今の時期のしし座さんは、人との関わりの中に「熱く燃えるような関係を求める」様になりそう。

安らぎだけではなく「自分の中の熱さ」に気付く事で、人間関係を「安心だけではない本当の安定感」に昇華させていく時期といえます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。