スマホで見つける、もっと可愛い私

【Twitter】これでバズるかも?投稿にベストな時間帯を解説するよ!

【Twitter】これでバズるかも?投稿にベストな時間帯を解説するよ!

Twitterでは、自分が投稿したツイートがパズる(ツイートが爆発的に拡散されて話題になる)ことがあります。

バズるには、Twitterに多くの人が集まる時間帯を意識することが大切になりますが、それは一体何時頃でしょうか?

この記事では、Twitterで投稿する際にベストな時間帯を解説していきます!

Twitterで注目を集めたい場合はぜひユーザーが多い時間帯をチェックしてから投稿してみましょう!

【Twitter】投稿に時間帯が重要な理由!

Twitterで投稿する際、時間帯が重要な理由は何でしょうか?一緒に見ていきましょう。

たくさんの人に見てもらえる!

まず、投稿の時間帯を意識することで、たくさんの人に見てもらうことができます。人があまり見ていない時間に投稿しても反応がなくても、Twitterにたくさんの人が集まる時間帯を意識することでたくさんの目に留まることができます。

例えば、多くの人が仕事や学校に行っている昼間の時間帯に投稿しても、あまりたくさんの人の目には留まりませんよね。

しかし、多くの人が見る時間帯にはそれだけリツイートされる回数が増えたり、「いいね」ボタンを押してくれる確率がアップします。

1日のうちで多くの人がTwitterを見るような時間に投稿をアップするのか、もしくは時間にこだわらず何となく投稿をアップするのかで「いいね」の数や、コメントやリツイートの数が違ってくるでしょう。時間によって反応が異なるかどうかは意識的に数回投稿してみると分かるかもしれません。

たくさんの人に投稿を見てもらたい場合は、時間帯を意識してみましょう。

バズる可能性が上がる!

「バズ(buzz)る」とは投稿した内容が拡散されあっという間に多くの人の目に留まるという意味があります。バズっていると何気にアップした投稿だったとしても、多くの人の話題になって沢山の人からリツイートをされていきます。

せっかく話題性がある投稿をしたにも関わらず、人の少ない時間帯に投稿していては目に留まることが少なくなってしまいます。他のSNSサービスと比較して情報の拡散力が高いのが特徴ですので、時間帯を上手く活用できるとパズる可能性が高くなります。

【Twitter】まずはユーザーが多い時間帯を分析!

ユーザーが多く集まってくる時間帯を知ることが大切です。拡散を狙える時間帯はいつでしょうか?

丸わかり!ユーザーが多いのはこの時間帯だ!

Twitterには、1日を通してユーザーが多くなる時間帯があります。この時間帯を理解することで、ユーザーが多く集まってくる時間帯を意識して投稿することができます。

1日を通して比較的ユーザーが集まりやすいのが、曜日を問わず20~22時。ここが、最も人が集まりやすい時間帯になっています。学校や仕事から帰宅してゆっくりとする時間帯が狙い目で、土日祝の方が全体的にアクティブ率が高い傾向になっています。

逆に、たくさんの人が学校に行ったり、仕事をしている昼間の時間帯はアクティブユーザーが少なくなる傾向で、お昼休憩の12:00~13:00を除いては全体的に少なくなっており、この時間帯に投稿しても拡散率は低くなります。

ツイートがどんどん過去に流されていってしまうTwitterで注目を集めるには、できるだけ人が集まる時間を狙って投稿することが大切です。リツイートもされやすくなるはずです。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。