『かわいい』が生まれる場所。

【WhatsApp】機種変更をしたい!スムーズにやる方法を教えます

【WhatsApp】機種変更をしたい!スムーズにやる方法を教えます

世界中の方とコミュニケーションが気軽にとれるアプリといえば、代表的なものに『WhatsApp』が挙げられます。これはLINEの国際版のような位置づけです。

WhatsAppは電話番号をスマホの連絡先一覧に登録しておくだけで簡単に友達と連絡のやり取りを行うことができます。IDなどを設定することなしにすぐに連絡先を認識し、自由にコミュニケーションをとることが可能です。

国際的に多くのユーザーをかかえている『WhatsApp』ですが、今回はこのアプリで機種変更をする場合の動作について焦点を当てながら特集を進めていきます!

今まで使っていた端末でとってきた相手の連絡先が機種を新しくすることによって突然消えてしまっては、残念ですよね。もちろん正しいやり方で行えば、そのようなリスクを回避することができます。

WhatsAppを使うようになってから1回目の機種変更を控えている方は、是非こちらで紹介するやり方を参考にしながら適切に引き継いでいきましょう。トラブルなくWhatsAppを引き継ぎ、今までと同じように仲間と連絡を取っていきましょう。

機種変更する際に注意しておきたいことから、機種別の操作手順をそれぞれ解説します。WhatsAppを機種変更で引き継ぐための手段はいくつもあります。自身でできるものを一通り紹介していくので、自分に合ったやり方をマスターしてくださいね。

それでは早速解説に入っていきましょう。

【WhatsApp】機種変更するときの注意点

この記事の最初に紹介するのは、機種変更するときの注意点です。

確認せずに引き継ぎ作業をしてしまうと、意図しないアカウントデータの消失や、さらなるトラブルに遭遇してしまう可能性があります。やり方に不安のある方は、こちらで紹介する項目のチェックをまずは行ってみましょう。

注意点として、以下では全部で3種類の項目をピックアップしました。それぞれ順番に見ていきます。

違うOSには引き継ぎ不可能!

1つ目の注意点は、OSについてです。

OSとは、そのスマホを動かしているシステムのことを言います。わかりやすく言うと、iPhoneやAndroidといったタイプです。

機種変更前と後で別のOSを搭載した端末の場合については引き継ぎをすることが不可能な仕様になっています。iPhoneからAndroidやその逆パターンを予定している方は特に注意が必要です。

アプリの特性については、自身で変更することはできませんので、理解した上で機種変更を行ってください。

稀にアカウントを別OSで引き継ぎできるようなツールがあるかもしれませんが、公式のツールではありませんので活用はあまりおすすめできません。

電波状況が安定しているところで操作する

2つ目の注意点は、ネットワークについてです。

機種変更で引き継ぎをする際はネットワークに接続されていることが必須です。通信を必要としているので、オフラインや機内モードのままの方は、オンラインに切り替えてください。

また、ただネットワークに接続するだけでなく、その回線が安定しているかということも重要です。できればWi-Fなど安定しているネットワークを使って引き継ぎを行いましょう。

公共施設や店舗などで使用できるような、いわゆる『フリーWi-Fi』については、通信が不安定になる場合も想定されますので、あまりおすすめできません。可能であれば自宅などの混信することが無い回線を利用することがポイントです。

不安定な電波で引き継ぎを行ってしまうと、データなどが壊れてしまう可能性もあるので気を付けてください。

引き継ぎの確認ができてから「認証」ボタンを押す

3つ目の注意点は、手順についてです。アプリで引き継ぎの確認ができたら『認証』ボタンを押すことで完了できます。

しっかり最後まで操作が完了しているかをチェックしながら進める必要があります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。