『かわいい』が生まれる場所。

Facebookのページは簡単に作れる!細かい設定方法も教えるよ!

Facebookのページは簡単に作れる!細かい設定方法も教えるよ!

Facebookページといえば最近では企業がイメージアップや広報戦略に起用する手段の1つ。

また、一般人にとっても有力な宣伝手段となっています。

Facebookページは個人ページより仕事向けな仕組みが多く、Facebookにログインしていなくても見ることができるため、多くの人の目につくというメリットがあるのです。

しかし、多発する住所エラーを筆頭に作成に手間取る人も多く存在します。

ここでは説明に加え、Facebookアカウントの作成からページの作成までを説明させていただきます。

Facebookページとは?

Facebookページをひと言で言うなら複数名で管理できるFacebook内のウェブサイトといったイメージです。

Facebook内だけで検索が可能という訳ではなく、しっかりとキーワードで検索すれば出てくるようになっています。

管理権限を持つ複数人で運用することができ、その管理権限も設定が可能で、企業も業務に組み込んでいる所が少なくありません。

PR活動に向いている

知っての通りFacebookはSNSです。拡散性に優れていますので、PR活動にも向いています。

今後のページコンテンツをどうするかを決めやすいアクセスを解析するインサイト機能があることも、PR活動を続けるには嬉しいことだと思います。

複数人で管理できることからページに寄せられたコメント返信も比較的楽で、ページ作成に難しい審査などもありません。

「友達」ではなく「ファン」

個人ページではユーザーに友達申請を送り、承認の後にページの閲覧できるようになりますが、Facebookページにおいては友達申請を送ることができません。

気になった商品やブランドなどの投稿内容をこちら側から確認するという、どちらかといえば一方的な関係なことからファンと言われています。

間違えたとしても怒られる事はまずないですが、一応知識として持っておいて損はありません。

1人でいくつものページを持つことができる

個人ページと違い、Facebookページは複数のページを所有でき、用途や理由次第でページを使い分けることが可能です。

しかし、ウェブサイトのような物であるということを忘れないように気を付けましょう。

検索上位に来なければ、思うようにアクセス数は伸びません。

まずは”サイトを育てる”必要があり、その為には基本的にある程度のユーザーがファンになるような投稿が必要です(元から知名度がある場合は除く)。

Facebookページと個人ページの違いは?

簡潔に言えば、個人ページはユーザーと距離が近くFacebookページが一歩引いた大人の距離です。

個人ページは自分の名前登録なのに対し、Facebookページは名前の選択が可能です。

他にもアクセス解析に広告、検索可能であることは純粋なFacebookページの利点ですね。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。