『かわいい』が生まれる場所。

Facebookのページは簡単に作れる!細かい設定方法も教えるよ!

Facebookのページは簡単に作れる!細かい設定方法も教えるよ!

【Facebook】ページを作ろう!プロフィール・カバー写真を決めよう

プロフィール写真といえば、いわばユーザーの顔です。

企業の顔となるアイコンなどが存在するなら、それを使い覚えていってもらいましょう。

なければ作るか、企業イメージなどから依頼して製作してもらうのも1つの手ですね。

プロフィール写真の適正サイズは?

プロフィール写真は縦横比率がPCでもスマートフォンでも1:1となっていて、正方形サイズの画像がおすすめです。

長方形などだった場合は調整されてアイコンとなるのであまりおすすめできません。

画像サイズが余りにも小さい場合は問題ですが基本的には正方形ならピッタリになります。

カバー写真の適正サイズは?

カバー写真のほうも同様のアップロード手順で画像をアルバムに保存していただくのですが、こちらはアイコンサイズだと相当小さくなってしまいますので注意してください。

プロフィール写真にはないカバー写真の問題として、PCとスマートフォンで画像の表示比率が違うことです。

PCに合わせるとスマートフォンサイズで見切れる部分がありスマートフォンに合わせると別のところが見切れるのですこし困ります。

対処法としてはそれぞれで見切れる場所を計算して画像をアップロードすることです。

縦サイズ640、横サイズ300程度がちょうど良いでしょう。

プロフィール・カバー写真の設の仕方

ト

設定はプロフィール写真、カバー写真ともに作成したページのホーム画面から設定できます。

【Facebook】ページのユーザーネームを決めよう!

Facebookページにもユーザー固有の名前を設定することが可能で、こちらはページ所有者が誰なのかとセットで覚えられます。

適当に名前を付けるのではなく、どう覚えてほしいのかを意識して名前を決めましょう。

ユーザーネームとは?

ユーザーネームとは、Facebookページ所有者をはっきりさせる役割があります。

会社名などが入っていれば、Facebookページを見てこの会社はこういう会社なんだなと理解してもらえて知名度アップにつながるのです。

ト

ユーザーネームはこちらから編集ができます。

ユーザーネームで検索が可能なため、検索に引っかかりやすい名前を使うようにしましょう。

日常的に使われる言葉や、自分のページに関するキーワードなどを入れておくと、検索面で優位に立つことができます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。