『かわいい』が生まれる場所。

【iTunes】チェックボックスでもっと便利に!使い方を紹介します!

【iTunes】チェックボックスでもっと便利に!使い方を紹介します!

曲を選んでCDから取り込む

CDからiTunesに曲を取り込むときにもチェックボックスを便利に使うことができます。例えば手元にCDがあるけどお気に入りの曲だけをiPodなどに同期して持ち歩きたいときや、ベスト盤アルバムをレンタルしたけどすでに持っている曲がいくつかあってすべて取り込みすると2重に登録されてしまう時などに重宝するワザです。

iTunesを起動した状態で取り込みしたいCDをパソコンに入れると、自動的に取り込みメニューが表示されます。全ての曲を取込する場合はそのまま「取込」ボタンを選べばOKですが、選んで取込したいときは取込ボタンを押す前に必要のない曲のチェックをはずしましょう。

iTunesに取込する曲の数が多ければ多いほどデータ容量が必要となってしまいます。特にたくさんのCDから取込をするときは、必要な曲だけを選んで取り込みしたいところです。

【iTunes】チェックボックスが表示されないときは

チェックボックスを上手く使うと好きな曲だけを取込できたり、二重取り込みを防ぐメリットがありました。しかし実際に取込してみようとすると、なぜかチェックボックスが表示されないこともあります。その原因や対処法について紹介します。

PC・iTunesのバージョンアップを行うと消えることがある

実はiTunesの初期設定では、チェックボックスは表示されないようになっています。なのでチェックボックスを使いたい場合は自分で設定し直さなければいけません。

稀に一緒にパソコンを使っている人がチェックボックスの表示設定をしてくれていたりすると、最初から表示されている場合もあります。しかしパソコンやiTunesのバージョンアップをしたときに初期設定に戻ってしまうこともあり、その場合は突然チェックボックスが表示されなくなってしまうこともあります。

チェックボックスを表示する方法

もしチェックボックスが表示されていなかったら、設定を変えればOKです。簡単に変更できるので合わせてチェックしておきましょう。まずiTunesを起動した状態で、「編集」→「環境設定」を選択します。

メニュー画面

メニュー画面が表示されるので、「一般」タブの中にある「リスト表示のチェックボックス」にチェックを入れてください。あとはメニュー右下の「OK」をクリックすればチェックボックスが表示されるようになります。

チェックボックスを表示

iTunesのチェックボックスを使うと便利に曲を選べるよ!

チェックボックスはさまざまな場面で意外と見かけ、便利です。これをiTunesでもうまく使うと必要な曲を選べるだけでなく、容量不足の解消にも一役買ってくれます。

iTunesでのチェックボックスを使い方には、「1つずつチェックをつける・はずす方法」と「すべてのチェックをつける・はずす方法」の2種類がありました。

たくさんの曲を一度に選びたい場合はすべてのチェックをつけてから必要のないものを1つずつはずしたり、逆に必要最低限の楽曲を持ち歩きたいのであれば、すべてのチェックをはずしてから必要なものだけを1つずつチェックするなど、シーンによって使い分けましょう。

チェックボックスを使いたいのにiTunesに表示されないときは、焦らずに設定をチェックしてみてください。iTunesの初期設定ではチェックボックスは表示されません。そのため、自分で設定を変更して表示させる必要があります。パソコンやiTunesの更新やバージョンアップをした時も初期設定に戻ってしまうことがあるので注意しましょう。

チェックボックスがなくてもiTunesを使うことはできますが、チェックボックスを使いこなすとさらに便利。もしいままで一度も使ったことがなかったのであれば、今回紹介した手順を参考に、チェックボックスを使ってみてください。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。