スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneの「カレンダー」アプリに表示されるスパムの原因・対処法

iPhoneの「カレンダー」アプリに表示されるスパムの原因・対処法

忘れてはいけないイベントを追加して、予定が近づくと通知を送るなど便利な機能が充実しているのがiPhoneのカレンダーアプリです。他のユーザーとイベントを共有することもできる、とても便利なツールです。

しかし、2020年にはこのカレンダーアプリに本人の意図とは無関係にイベントが書き込まれるなどのスパムが報告されました。今回はこのカレンダーアプリに届く、スパムの原因や対処法を説明します。

iPhoneをお使いの方は自分の身に起こりうる可能性があります。ここでしっかりとした対処法を覚えて、スパムが来ても冷静に対処できるようにしましょう。

【iPhone】カレンダーに表示されるスパムって?

iPhone内蔵のカレンダーアプリに届くスパムとは一体どんな物なのでしょうか?この項目ではスパムとはなんなのか、そしてそのスパムにはどんな種類の物があるのか詳しく見ていきます。

もしあなたのカレンダーアプリに追加していないカレンダーがあった場合には、それがどんな種類のものなのか、そしてどんな影響があるのか紹介します。

そもそも「スパム」ってどんなもの?

先ほどから話題に上がっているスパムですが、「スパムって何?」と馴染みのない方もいますよね。スパムとはセキュリティの用語では、「迷惑行為」という意味があります。

スパムの多くが迷惑メールで、メールを受信した人の不安を煽るような文面が書かれています。そしてメールを開くことで不審なサイトに飛ばされたり、電話番号や住所といった大切な個人情報が盗まれてしまう物もあります。

この迷惑メールは本人の意思とは関係なく、大量に受信します。カレンダーアプリに送られてくるスパムも、これらの迷惑メールと似た手口が使われています。

自分が追加していないはずのイベントが、カレンダーアプリに勝手に追加されていたり、イベントに参加するよう求める通知がiPhoneに届く場合もあります。次にこれらのスパムの種類を見ていきましょう。

「カレンダー」アプリに届くスパムの種類

カレンダーアプリに届くスパムの種類には2つのスパムが存在します。それは、『参加依頼が送られる』スパムと『予定が勝手に書き込まれる』スパムです。この2つのスパムの特徴を紹介します。

まず『参加依頼が送られる』スパムはこれらの特徴を持ったスパムです。イベントをカレンダーに追加する趣旨の通知が届き、ユーザーにイベントへ『出席』するか『欠席』するかの回答を選択させようとします。

続いて『予定が勝手に書き込まれる』スパムには、自分が追加した覚えのないイベントが、自分の意思とは関係なくカレンダーアプリに書き込まれるという特徴があります。

上記のように2つのスパムには違いがありますが、自分が追加した覚えのないイベントは疑うようにしましょう。次になぜスパムが届いてしまうのかを説明します。

【iPhone】カレンダーにスパムが届くのはなぜ?

カレンダーに届くスパムの原因はどこにあるのでしょうか?スパムの原因とはカレンダーアプリの機能にあると言われています。その機能とはどんなものなのか説明します。そしてスパムのスケジュールに載っているURLの対処方法を紹介します。

スパムの原因はiCloudカレンダーの『共有機能』

カレンダーアプリにスパムが届く原因と言われているのが、iCloudカレンダーの『共有機能』です。この機能を使うことによって、他のiCloudユーザーとカレンダー機能を共有できるようになります。

共有機能を使用する事で、ユーザーはイベントを自由に追加でき、情報を共有できるようになります。もちろん共有できるユーザーは、自分で選択できます。

一見便利なこの共有機能が悪用され、スパムが届くようになるのです。例えば、ネットの広告を誤ってタップしたことがきっかけになったり、怪しいサイトを閲覧している時に、『カレンダーの共有を促す』通知に誤って同意した事で被害にあった方もいます。

誰ともスケジュールを共有しない場合には、「共有設定」をOFFにしておきましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。