『かわいい』が生まれる場所。

【Instagram】サブアカウントを削除してスッキリさせよう!やり方を詳しく解説します

【Instagram】サブアカウントを削除してスッキリさせよう!やり方を詳しく解説します

コミュニケーションツールとして便利なInstagram。

メインとして使っているアカウントとは別に、仲の良い相手とのみ繋がっているものやビジネス用など、サブアカウントを持っている方も多いですよね。

中には、サブアカウントを作ったけれど、ほとんど利用しておらず放置している…という方もいるのではないでしょうか。

今回の記事では、Instagramのサブアカウントの削除方法についてご紹介していきます!

この機会に使わないアカウントを整理して、スッキリさせちゃいましょう!

【Instagram】サブアカウントの「削除」と「一時削除(非公開)」について

Instagramのアカウントを整理する際の方法として、「削除」と「一時削除(非公開)」の2種類があります。

まずは、この2つの違いを確認していきましょう。

「削除」と「一時削除(非公開)」の違い

「削除」と「一時削除(非表示)」は、画面上だけで見ると変わりがないのでわかりません。

どちらの操作をしても、画面上からアカウントの情報が消えて見えなくなります。

では、どのような点が違うのでしょうか?

「削除」は、完全にアカウントの情報がなくなる操作です。

一度削除すると、そのアカウントでアップした写真は、Instagram上から完全に削除されます。

それに対して「一時削除(非表示)」は、画面上からはアカウントが消えるのですが、情報は残ったままになります。

つまり、ただ見えなくなっただけの状態になります。

【Instagram】サブアカウントの削除方法

自分がどちらの操作をしたいのか、決めることはできましたか?

ここからは、操作方法についてご紹介します。

まずは、アカウントを「削除」する場合についてです。

完全に消してしまいたい方は、これからご紹介する手順で進めてみてくださいね。

削除手順

Instagramアプリからアカウントを削除することはできません。

完全に消したい場合は、まずWEB版Instagramで自分の情報にログインする必要があります。

WEB版Instagramには、アカウントを削除するための専用ページが用意されています。

ただ、そのページは少しわかりにくいところにあるので、下のボタンから飛んでみてください。

ログインができるとすぐに、削除のためのページが表示されます。

削除

表示されたら、理由を選択しましょう。

理由を選ぶと、もう1度パスワードの入力が求められます。

メッセージが出てくるので「OK」を押して、先に進んでください。

すると、完全に消される日にちが表示されるので確認しておきましょう。

終了日

削除の取り消し手順

操作の最後に、アカウントが削除される日にちが表示されます。

アカウントが完全に消えるまでの間に再ログインすることで、削除をキャンセルすることが可能です。

その期間が1日でも過ぎてしまうと、情報を戻すことができなくなるので注意しましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。