スマホで見つける、もっと可愛い私

「好き」って言えない…言葉じゃなく想いを伝える魔法のサイン5選

「好き」って言えない…言葉じゃなく想いを伝える魔法のサイン5選

好きな人に「好き」という気持ちを伝えたい!言葉で伝えるのが一番だとわかっていても、素直になれないことってありますよね。

今回は、片思いの人も、カップルの人もすぐに実践できる、「好き」を伝える魔法のサインをご紹介します。

「好き」を伝える魔法のサイン1:自分発信を増やす

・「自分からLINEを送る」
・「自分から話しかける」
・「自分からデートに誘う」

など自分発信のアプローチが多ければ多いほど、男性は好かれていると感じるでしょう。アプローチを受けることで、日増しにあなたの存在を大きく感じるようになっていきます。最終的に男性から「付き合おう」という言葉を引き出すことも。

大切な告白やプロポーズは男性からしてもらいたいと願うなら、なおさら「好き」を伝える自分発信を心がけてくださいね。

「好き」を伝える魔法のサイン2:褒めまくる

男性は褒められるのが大好き。もちろん女性だって褒められればうれしいですが、女性同士の褒め合いってどこか裏を感じるようなことってありますよね。けれど男性は、素直に女性からの褒め言葉を受け取ってくれるでしょう。ですから、ささいなことでも気づいたらどんどん褒めてみてくださいね。

・「今日のシャツ、よく似合ってるよ!」
・「いつも優しいよね」
・「本当に面白いね」

など言われて嫌じゃないことは、どんどん伝えてみましょう。

「好き」を伝える魔法のサイン3:共感する

褒め言葉もそうですが、共感されることは自分を認められていることと同じ意味をもちます。

ですから共感を示すことが「好き」のサインとなり、ひいては価値観の一致もアピールできるのです。

ただ全部が全部「私も一緒!」とアピールするのは、さすがに難しいかもしれませんよね。ちょっと自分とは異なる考え方だと感じたときは、「そうなんだー」とか、 「なるほどね、そういう考え方もあるよね」と、否定とは受け取られない反応を示しておくと、表向きは共感と受け取ってくれますよ。

「好き」を伝える魔法のサイン4:恋愛相談以外の相談をする

女性とは違い、あまり他人に悩みを打ち明けない男性は、悩みを相談されることを「特別」なことだと感じます。もちろん、その悩みのレベルにもよりますが「あなたにしか言えない」といった雰囲気を醸し出すことで、「好き」という気持ちを代弁できるでしょう。

無理に悩みを作る必要はありませんが、時おり生じる迷いなど、頼れそうなことはどんどん頼って「好き」を伝えてください。

「好き」を伝える魔法のサイン5:恋をしていることを自覚する

「この人のこと好き」

そんな気持ちを抱いていると、言葉にしなくてもその気持ちは自然と外に出てしまうものでしょう。

ニコニコ笑顔で過ごせるのは、その人との関係に居心地のよさを感じている証拠ですし、好きな人を見つめる目や、いつもよりちょっと大きめなリアクションやしぐさ、声のトーンからも特別感があふれ出るはずです。

人によっては好きな人の前だと緊張してうまく話せない、汗ばかりかいてしまうといったケースもあるでしょう。そういった素直な反応も全て、感情が表に出ることが「好き」のサインなのです。その自然なサインは、相手も感づくもの。心のサインを否定せず、しっかり恋の気持ちを受け止めてくださいね。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。