『かわいい』が生まれる場所。

Google Chromeのフォントは変更可能!種類と設定方法を解説

Google Chromeのフォントは変更可能!種類と設定方法を解説

Google Chromeのフォント設定を変更する方法

それでは、実際にGoogle Chromeのフォントを変えてみましょう。とても簡単です。

フォントを変更する方法

①Google Chrome画面の右上にあるメニューボタンをクリック

フォント変更1

②『設定』をクリック

フォント変更2

③『デザイン』をクリック

フォント変更3

④『フォントをカスタマイズ』をクリック

フォント変更4

⑤好きなフォントに変更しましょう

フォント変更5

リストからフォントを選択するだけで、表示に反映されます。
ちなみに、フォントの設定画面に直接行きたいときは、ブラウザのURL欄に『chrome://settings/fonts』と入力するとよいです。

フォントサイズを変更する方法

フォントサイズは、前項目の『フォントを変更する方法』と同じ画面で変更できます。フォント変更した場所の少し上にあるスライダーを動かすだけです。

フォントサイズ変更1

上記では、細かい刻みでフォントサイズを変えることができますが、もっとざっくりとした大きさを変えるだけでよい時は、一つ前の画面にもフォントサイズ変更のスライダーがあります。

画面には、ブラウザのURL欄に『chrome://settings/appearance』と入力するとすぐにいけます。

フォントサイズ変更2

こちらも、スライドを動かすだけでフォントサイズの変更が表示に反映されます。

Google Chromeでフォント詳細設定をするなら拡張機能が便利!

もっと細かくフォントの設定をしたいという方は、拡張機能の『Advanced Font Settings』を追加すると細かく設定できるようになります。

拡張機能「Advanced Font Settings」の設定方法

『Advanced Font Settings』は、言語ごとにフォントを設定したり、等幅フォントのサイズ指定が行えるようになるGoogle Chromeの拡張機能です。次のURLから追加することができます。もちろん無料です。

Advanced Font Settings

画面表示はすべて英語ですが、なんとなくでも使えると思います。ここで簡単に使い方を説明します。

Advanced Font Settings

①Script
フォントの設定を行う言語を選びます。
日本語の場合は、画像のように『Japanese』を選択してください。

②Proportional fonts
可変幅フォントのサイズとフォントを選択します。

③可変幅フォントのプレビュー

④Fixed-width fonts
等幅フォントのサイズとフォントを選択します。

⑤等幅フォントのプレビュー

⑥Minimum font size
最小フォントサイズを選びます。

⑦最小フォントのプレビュー

⑧Apply settings
設定を保存します。

⑨Reset settings for this script
選択中の言語の設定をリセットします。

⑩Reset all settings
全ての言語の設定をリセットします。

注意:フォント設定がうまくできない場合はブラウザの再起動を

Google Chromeの設定機能に変更を加えると、基本リアルタイムで画面に反映されます。しかし、フォントの設定を変えても画面に反映されない場合もあります。そんな時はブラウザを一度終了させて再起動すると反映されます。

また、見ているWebページが表示フォントの指定をしている場合、Google Chromeの設定よりもWebページの設定が優先されます。この場合は、ブラウザを再起動しても反映されません。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。