スマホで見つける、もっと可愛い私

App Storeの言語が変更されている?対処方法を解説するよ!

App Storeの言語が変更されている?対処方法を解説するよ!


【App Store】言語を変更する方法《サインイン》

ここからは、具体的にどんな操作方法を行えば「App Store」の言語を変更できるのかを説明してきます。

最初に取り上げるのは、Apple IDからログアウトした後に再びログインする方法です。

「App Store」のいわば「再起動」をするための方法ですが、誤作動やアップデートによって生じた突然の言語変更を修正するには効果がある方法なので、ぜひ注目してください。

手順①サインアウトする

まずApple IDからログアウトする操作方法から説明します。

ホーム画面にある「設定」アプリを開きましょう。

「設定」アプリ

iPhoneの全般的な設定が行える画面が立ち上がります。表示されている項目にApple IDやiCloudにアクセスするための「ユーザー名」があるのでクリックしましょう。

ユーザー名

Apple IDが必要な設定項目が一覧になって表示されています。画面の下に「サインアウト」が表示されているので押しましょう。

サインアウト

Apple IDのパスワードを入力する画面が立ち上がるので、パスワードを入力し「オフにする」を押します。

パスワードの入力

Apple IDのログアウトに伴いデータが消去されることを防ぐためデータのコピーを促す画面が立ち上がるので、表示されている項目の中からコピーして残したいものを選び「ON」に設定しましょう。終わったら「サインアウト」を押します。

データのコピー

ログアウトの確認画面がポップアップされるので「サインアウト」を押しましょう。これでApple IDから完全にログアウトされます。

ポップアップ

手順②もう一度サインインする

続いてApple IDに再度ログインする手順を説明します。

先ほどの「設定」画面の「ユーザー名」の箇所に「iPhoneにサインイン」が青色で表示されているので押しましょう。

iPhoneにサインイン

Apple IDにログインするための画面が立ち上がります。まず自分のApple IDとして登録しているメールアドレスを入力しましょう。

Apple IDのログイン

Apple IDのパスワードを入力するように求められるので、パスワードを入力し「次へ」を押します。

パスワードの入力

本人確認をするために同じApple IDを使っているApple製品に認証コートが送られたことを通知するポップアップが表示されます。

ポップアップ

送信された6桁の認証コードを入力する画面が立ち上がるので入力します。

認証コードの入力

iPhoneのデータをiCloudにアップロードしてデータの結合をするかどうかを尋ねるポップアップが表示されるので「結合」を選択しクリックしましょう。

ポップアップ

【App Store】言語を変更する方法《Apple IDから設定》

iPhoneユーザーの中には、海外で開発されたアプリで日本では公開されていないものを「App Store」で入手するため、Apple IDの「国や地域名」を変更した経験がある人がいます。

この設定を変えると海外のアプリを購入できますが、言語も変更した国の公用語に準じるようになるので変更されます。

海外のアプリを購入した経験がないにもかかわらず、iOSのアップデートをした後に「App Store」の言語が英語になってしまった経験があるのであれば、Apple IDの「国や地域名」の設定がアメリカなどに変更されてしまった可能性があるので設定を変えてみましょう。

変更手順(iPhone)

Apple IDの「国や地域名」の変更方法はiPhoneとPCでは異なるので、これから端末ごとに操作方法を説明します。

最初はiPhoneです。

「設定」アプリを開き「ユーザー名」をタップしましょう。

ユーザー名

Apple IDが必要な設定項目が表示されているので「メディアと購入」を選択しタップしましょう。

メディアと購入

ポップアップが表示されるので「アカウントを表示」を押します。

ポップアップ

Apple IDのアカウント画面が立ち上がります。表示されている項目の中に「国または地域名」があるのでタップしましょう。

国または地域名

Apple IDのアカウントに紐付けする国や地域を変更する画面になるので、青く表示された「国または地域を変更」をタップしましょう。

国または地域を変更

選択可能な国や地域の一覧が表示されるので「日本」を選びましょう。

国や地域の選択

利用規約に関する画面が表示されるので「同意する」を押しましょう。この後クレジットカード情報などを入力する画面が立ち上がるので、すべての入力を終えれば設定完了です。

利用規約

変更手順(PC)

続いてパソコンから言語の変更を行う操作方法を紹介します。

設定を行うには「Appleアカウントの管理」ページにアクセスする必要があります。

下記のリンクにアクセスしましょう。

「Appleアカウントの管理」ページにアクセスできたら、トップ画面を立ち上げ自分のApple IDとパスワードを打ち込みます。

Apple IDとパスワードの入力

ユーザーの本人確認をするため、同じApple IDを共有している他のAppleデバイスに6桁の認証コードが送信されるのでチェックし、この画面に打ち込みましょう。

認証コードの入力

自分のApple IDアカウントの管理画面が立ち上がります。表示されている項目の中に「アカウント」があり、その右隅に小さく「編集」が表示されているのでクリックしましょう。

編集

Apple IDアカウントの編集と変更を行う画面になります。画面に「言語」と「国/地域」の2つが表示されているので、それぞれ「日本」に設定しましょう。これで設定完了です。

言語と国の設定

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。