スマホで見つける、もっと可愛い私

コンビニで購入できるAmazonギフト券の種類は?使い方も解説するよ

コンビニで購入できるAmazonギフト券の種類は?使い方も解説するよ

ボックスタイプのAmazonギフト券

プレゼントというと、特にお世話になっている人や大切な人への贈り物として最適なのが、このタイプです。コンビニで購入できるものは、配送時に利用されるAmazonのロゴが入った段ボール、通称「Amazonボックス」のミニチュアに入っています。

こちらのタイプは、3,000円から50,000円の間で1円単位で金額を設定できるバリアブルタイプの販売がメインです。そしてミニチュアボックスはとても精巧に作り込まれており、シンプルながらも愛らしいフォルムなので、急ぎでプレゼントを用意したいときにピッタリです。使用用途も幅広いので、きっと受け取った人は喜んでくれるでしょう。

商品券タイプのAmazonギフト券

百貨店やクレジットカード会社が発行しているような、商品券タイプのアマギフも存在します。1,000円×10枚組で販売されているので、小分けにして使うことも可能です。

自分で使うのはもちろん、10人に1枚ずつ配るなどプレゼントとしても使い勝手が良いのが特徴。従来の商品券と見た目がよく似ているタイプなので、プレゼントの際に各種タイプよりも少しだけ特別感が出せるのも魅力です。

シートタイプのAmazonギフト券

シートタイプとは、コンビニに備えられているマルチメディア端末で発行するタイプのAmazonギフト券です。購入にやや手間がかかってしまいますが、慣れれば簡単に発行できるので確実に手元にギフト券を用意したい人に人気のタイプとなっています。

また、ほかのタイプとは違い、売り切れの心配がないというのもメリットです。ただし、バリアブルタイプが存在しないので、定められた金額のギフト券しか発行できないと覚えておいてください。

【Amazonギフト券】コンビニで購入するときの注意点

ここからは、コンビニでギフト券を買う際の注意点について詳しく見ていきます。支払い方法を事前に確認しておかないと購入できない可能性もありますので、コンビニに足を運ぶ前にぜひチェックしておいてください。

基本的に現金払いでの購入になる

Amazonの公式サイトからギフト券を買う場合は、現金以外にもクレジットカード支払いや銀行振り込みなどの方法を選択可能です。

しかし、コンビニで購入する場合は、販売されている券種を問わず現金購入が基本となります。条件を満たせばクレカや電子マネーで購入できる場合もあるのですが、基本的には現金でしか購入できないと認識しておいた方がよいでしょう。

「代金支払いが面倒」「クレカで払いたいけれど持っていない」という人がAmazonで買い物する際にギフト券があると、ネット上で代金のやり取りが完結できて便利です。

有効期限は購入日から10年

コンビニで購入したギフト券の有効期限は、購入日から10年です。これだけ期限が長ければ、恐らく期限内に使い切ることができるでしょう。ただし、半端に残ってしまった端数は忘れてしまう可能性もありますので、期限があることは覚えておいて損はありません。

また、シートタイプは発行した日から10年となります。こちらは購入した日とは異なりますので、やや注意が必要です。とはいっても、ほかのタイプと同じく10年も期限がありますので、使い忘れることはほとんどないでしょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。