スマホで見つける、もっと可愛い私

【YouTube】音が小さい原因別に対処法を解説《スマホ・PC》

【YouTube】音が小さい原因別に対処法を解説《スマホ・PC》


スマホを再起動しよう

スマホ本体に何らかの不具合が起きているのが原因で、YouTubeが正常に動作していない可能性もあります。この場合は、スマホの再起動が有効なので一度試してみて下さい。

iPhone X以降の場合

  1. 端末の側面にある片方の音量調節ボタンとサイドボタンを同時に長押しする。
  2. 「スライドで電源オフ」のスライダを左から右へ動かして電源を切る。
  3. 電源が切れたら、Appleのロゴが表示されるまでサイドボタンを長押しする。

参照:Appleサポート

iPhone SE(第2世代)、8、7、6の場合

  1. 端末の側面にあるサイドボタンを長押しする。
  2. 「スライドで電源オフ」のスライダを左から右へ動かして電源を切る。
  3. 電源が切れたら、Appleのロゴが表示されるまでサイドボタンを長押しする。

参照:Appleサポート

Androidの場合

  1. 電源ボタンを長押しする。
  2. メニューが表示されたら、「再起動」をタップ。

【YouTube】動画の音が小さい原因と対処法《PC》

次に、PCで動画の音が小さい原因とその対処法について詳しく説明していきます。

動画プレイヤーの音量を調整しよう

PCでYouTubeを視聴していて動画の音が小さい場合は、まず動画プレイヤーの音量バーを確認してみましょう。マウスを動かして動画上にカーソルを合わせると、動画プレイヤーの下部に一時停止ボタンや音量バーなどが表示されます。

音量バーは左にスライドするほど音が小さくなり、逆に右にスライドするほど音が大きくなります。

動画プレイヤーの音量を調整しよう

もし、音量バーが左に寄っていた場合は、右にスライドさせて音量を調整してみて下さい。

タスクバーのスピーカーアイコンから音量を調整しよう

動画プレイヤーの音量を調整しても音が大きくならない場合は、PCのスピーカー音量を調整してみましょう。画面下部のタスクバーに表示されているスピーカーのアイコンをクリックすれば、PCのスピーカー音量を調整することができます。

スピーカーのアイコンをクリック

左にスライドさせるほど音が小さくなり、逆に右にスライドさせるほど大きくなるので、左に寄っていた場合は右にスライドさせて音量を調整しましょう。

右にスライドさせて音量を調整

【YouTube】動画の音が小さい問題が直らないときは?

上記の対処法を全て試しても問題が解決しないようなら、さらに以下の対処法を試してみて下さい。

Windows10ではアプリごとに音量が設定できる

Windows10を搭載しているPCでは、Google ChromeやFirefoxなどアプリごとに音量を調整することが可能です。PCのスピーカー音量を調整したのにYouTubeの音が大きくならない、特定のブラウザだけ音が小さいという場合は、そのブラウザの音量設定に原因がある可能性が高いです。アプリごとに音量を調整する方法は以下の通りです。

①YouTubeで動画を再生します。

YouTubeで動画を再生

②画面左下にあるスピーカーアイコンを右クリックしましょう。

スピーカーのアイコンを右クリック

③「音量ミキサーを開く」を選択して下さい。

「音量ミキサーを開く」を選択

④ここでPCのスピーカーの音量と、アプリごとの音量を調整することができます。Google Chromeで動画を再生すると、一番右側にGoogle Chromeの音量バーが表示されます。

一番右側にGoogle Chromeの音量バーが表示

上記の画像のように、Google Chromeの音量が小さくなっていると、PCのスピーカーの音量設定に関係なくGoogle Chromeで動画を再生した時の音量が小さくなってしまいます。この場合は、Google Chromeの音量バーを上にスライドさせて音量を大きくしましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。