『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneと出力デバイスの画面ミラーリングができない!対処法とは

iPhoneと出力デバイスの画面ミラーリングができない!対処法とは

「AirPlay」や他社製のミラーリングアプリを使えば、iPhoneの画面をテレビの大きな画面に映し出すことができます。

テレビの大きな画面で動画を視聴したい時や、ゲームをプレイしたい時に便利な機能ですが、この機能を利用したい時に接続が上手くいかないこともあります。

そこで今回は、iPhoneでミラーリングできない原因とその対処法について解説していきます!

【iPhone】ミラーリングできないのはなぜ?まず確認すべきこと

まずは、ミラーリングできない時に確認すべきことをチェックしていきましょう。

そもそも「ミラーリング」って何?

そもそも「ミラーリング」とは、あるデバイスの画面をそのまま別のデバイスの画面に映し出すことを言います。

iPhoneの場合は「AirPlay」という機能を利用することで、iPhoneで表示している画面をApple TVやこの機能に対応しているスマートテレビの画面に映し出すことができます。

ミラーリング機能を利用すれば、動画視聴やスマホのゲームをテレビの大画面で楽しめたり、iPhoneで撮影した写真をテレビに映してみんなと共有したりできるので、使い方を覚えておくと色々と便利ですよ。

AirPlayを利用してミラーリングする方法

AirPlayを利用してミラーリングする方法

iPhoneの画面をミラーリングするには、画面を映し出したいデバイスとiPhoneを接続する必要があります。

HDMIケーブルを使って有線接続する方法や、他社製のアプリを使って無線接続する方法もありますが、今回は「AirPlay」という機能を利用してミラーリングする方法をご紹介します。

デバイスとiPhoneは同じWi-Fiに接続する

iPhoneの画面を他のデバイスにミラーリングするには、iPhoneと画面を映し出したいデバイスを同じWi-Fiに接続する必要があります。

iPhoneが4Gや5G回線に接続されていたり、それぞれ異なるWi-Fiに接続されていたりすると正常にデバイスが認識されないので注意して下さい。

また、iPhoneのBluetoothの設定がオフになっていると上手く通信できないことがあるので、Bluetoothの設定もオンにしておいて下さい。

Bluetoothの設定もオン

画面ミラーリングで接続先を選択する

画面を映し出したいデバイスをiPhoneと同じWi-Fiに接続したら、次にiPhoneで接続先を選択します。

まず、iPhone X以降の場合は画面右上から下へ、iPhone 8以前の場合は画面下から上へスワイプしてコントロールセンターを開いたら「画面ミラーリング」をタップします。

「画面ミラーリング」をタップ

そこに表示される接続先のデバイスを選択すれば設定完了です。

接続先のデバイスを選択

【iPhone】デバイスとミラーリングできない原因とは?

iPhoneでデバイスとミラーリングできないのは、主に以下の3つの原因が考えられます。

  • 接続先のデバイスが認識されていない
  • デバイスの不具合・ソフトウェアのバージョンが古い
  • ケーブルが正しく接続されていない

では、以上の3つの原因をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

接続先のデバイスが認識されていない

ミラーリングが上手くいかないのは、iPhoneが接続先のデバイスを認識していないのが原因として考えられます。

AirPlayを利用してミラーリングしたい場合は、まずコントロールセンターを開いて「画面ミラーリング」をタップしましょう。

正常に認識されていれば、そこに接続先のデバイス名が表示されるはずです。

何も表示されていない場合は、正常に接続先のデバイスが認識されていないので、その場合は以下の項目を確認して下さい。

  • 接続先のデバイスの電源がONになっているか
  • 接続先のデバイスがAirPlayに対応しているか(AirPlayを利用する場合)
  • iPhoneと接続先のデバイスが同じWi-Fiに接続されているか

接続先の電源が切れている、そもそもAirPlayに対応していない、違うWi-Fiに接続されている場合は接続先のデバイスを認識できません。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。