スマホで見つける、もっと可愛い私

【Apple Pay】使い方は?始め方・支払い方法も紹介するよ!

【Apple Pay】使い方は?始め方・支払い方法も紹介するよ!

【複数のカードを登録している場合】使うカードを選んでおこう

複数枚登録している場合は、そのうちのどれをメインカードにするのかをあらかじめ決めておきましょう。

また支払い時に慌てないように、先に利用するお店に対応しているカードへ切り替えておくとスムーズですよ。

【プリペイドカード】残高に気をつけて

プリペイドカードの利用時は、十分に残高があるかどうかの確認が必要です。

例えば、au PAYなどのプリペイドカードをApple Walletに登録した場合、支払い時にau PAY側に十分な残高がなければ支払えません。

支払い前に必ず残高をチェックしてください。

機種変更をするときの注意点は?

機種変更した場合は、カードの引継ぎが必要です。

交通系カードの場合は、前の端末からSuicaやPASMOを削除、といってもサーバに退避させるだけで、カードを失効するわけではありません。

その後、新しい端末でサーバ上のカードを再設定してください。

この際、前の端末と新しい端末で、同じApple IDを使っていること、Suicaの場合は同じアカウントでSuicaアプリにログインしていることが必要です。

一方、クレジットカードの場合は、Apple IDでログインすると、新しい端末側に前の端末に登録していたカード情報が引き継がれています。

あとは、それぞれのセキュリティコードを入力し、電子マネーの設定・利用規約への同意を行いましょう。。

【Apple Payの使い方】盗難・紛失してしまったら

Apple PayはiPhoneが財布代わりになる大変便利なツールではありますが、だからこそ管理を十分にしておかなければいけません。

しかし、盗難や紛失などのトラブルが起こってしまうことも。万が一の場合に備えて、対処法もしっかり把握しておいてください。

Apple Payを一時停止する方法

本体が盗難に遭ったり紛失してしまったりした場合は、まずは早急にApple Payを一時的に停止する必要があります。

PCなどから「iPhoneを探す」にアクセスし、ログインしてください。
すると、紛失した端末がどこにあるのかが地図上で表示されます。

上部分の名前をタップすると出てくる登録デバイス一覧の中から、紛失した物を選択しましょう。

紛失

右上にある紛失した端末の操作パネルにある「紛失モード」をクリックしてください。

紛失

そうすることで、Apple Payの使用を一時的に停止できます。

カード会社に連絡する

その他、Apple Payに登録しているクレジットカードなど、各種カード会社に連絡をして、利用を一時的に停止してもらうのも1つの手段です。

登録しているカードが1枚程度と少ない場合であれば、この方法でも良いでしょう。

ただし、登録している物が多ければ、すべての会社に連絡しなくてはならず、かなりの時間を要するのであまりおすすめできません。

その場合は、上記で紹介した「iPhoneを探す」からApple Payの利用を停止するのが手っ取り早いです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。