『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】メールの一括削除方法を解説!iOSによって違うよ

【iPhone】メールの一括削除方法を解説!iOSによって違うよ

iPhoneのメールフォルダを整理したいのに、一括削除のやり方がわからない方はいませんか?

今回は、iPhoneでのメール管理アプリで、受信したメッセージを一括削除する方法に関して説明していきます。

多くの方とコミュニケーションをとる機会が多いユーザーは、すぐに受信ボックスがいっぱいになってしまうでしょう。

このような場合は、一括削除の機能を使って、受信トレイの中をきれいに整理することをおすすめします。

適切な方法をマスターして、使っているiPhoneのメールボックスを快適にしていきましょう。

【iPhone】メールを一括削除するときの注意点

本題であるiPhoneのメールアプリでの一括削除方法の説明に入る前に、注意点を説明します。

メールを消したいときに、適切な方法で行うようにするためにも、是非大切なポイントを理解したうえで操作を進めていきましょう。

消したつもりが実は消されていなかったということや、大切なメールを間違って消してしまったなどの問題が起きることのないようにしましょう。

それでは全部で3つのポイントについて挙げます。

iPhoneの仕組み的な内容でもあるので、しっかり押さえておきましょう。

iOSによって操作方法が異なる

1つ目の注意点は、OSによって操作方法が変わるということです。

iPhoneのOSはバージョンごとに番号付けがされており、「iOS」と記載されます。

端末のiOSがわからないときは、自分でチェックすることも可能です。

「設定」を起動して自分のApple IDが書かれている箇所をタップしてください。

「デバイス情報」の項目があるのでタップして確認しましょう。「機種」の下の項目に「バージョン」と記載されています。こちらにある「iOS」が現時点で搭載されているOSです。

iPhone-OS確認

正しく削除ができるようにするため、この数値を確認しておくことをおすすめします。

削除前に念のためバックアップを取っておく

2つ目に注意したいのは、バックアップです。

もし操作に慣れていないようであれば、メッセージを一括で消す前に必ずバックアップを取っておきましょう。

とはいっても、「メール」のアプリを開いても「バックアップ」のような項目は存在しません。

このようなときは「iTunes」を使用します。

ケーブルでPCとiPhoneの本体を接続し、iTunesにある「今すぐバックアップ」から操作することが可能です。

この作業は、メールに限らずあらゆるデータを保管できるので、ぜひ覚えておいてください。

復元をする可能性のあるメールはゴミ箱に残そう

3つ目の注意点は、ゴミ箱の仕組みをしっかり理解するということです。

メールボックスに届いたものをまとめて削除するのは確かに便利ではありますが、いざもう一度確認したい場合には、元の状態に戻さなければなりません。

また、もし完全削除してしまったのであれば復元させることは不可能です。

これによってトラブルを引き起こしてしまうことのないように、「ゴミ箱」を上手く活用してください。

以上の3つのポイントを理解したうえでiPhoneに届いているメッセージを管理していきましょう。

具体的な手順については次をチェックしてください。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。