『かわいい』が生まれる場所。

【Twitter】特定のユーザーを指定して検索する方法!応用も紹介

【Twitter】特定のユーザーを指定して検索する方法!応用も紹介

Contents[OPEN]

【OR検索】少なくとも1つのワードが入ったツイートを検索するには?

似ているワードのうち少なくとも1つを含むツイートを調べるときには「OR検索」が有効的です。

例えばあるワードの正式名称と略称を組み合わせて調べれば、同じ話題でもより多くの検索結果を見られるので便利です。

①検索したい複数のワードの間に「OR」を入れて検索する

Twitter 検索結果画面

このときワードの間には半角でスペースをあけ、「OR」は半角大文字で打ってください。

②指定したワードのうち、少なくともどれか1つだけでも入った投稿が表示される

Twitter 検索結果画面

【-検索】特定のワードを除外したツイートを検索するには?

Twitterの検索では含ませたいワードだけでなく、表示したくないワードも指定して調べることができるようになっています。

「-(マイナス)検索」を使えば、欲しい情報の中でもいらないワードを除外した検索結果だけが表示できます。

①調べたいワードに「-除外したいキーワード」を合わせて打ち込む

Twitter 検索結果画面

例えば、写真加工アプリに関するツイートを調べるときに自分の知っている「SNOW」というアプリは除外したいなら「加工アプリ -SNOW」で検索します。

②特定のキーワードを除外した検索結果が閲覧可能に

Twitter 検索結果画面

「加工アプリ」に関するツイートの中でも、「SNOW」というワードを除いたものだけが表示されます。

すでに知っているため必要のないワードや、見たくないワードを除けるので効率良く安心にサーチできます。

【#⃣検索】ハッシュタグを含むツイートを検索するには?

Twitterで情報を共有するユーザーの中には、どんな内容のツイートかわかりやすいように「#(ハッシュタグ)」を用いて投稿する人も多いです。

ハッシュタグ付きのツイートを検索すればより関連性の高いツイートを表示できるので、ぜひ使ってみてください。

①調べたいワードの頭にスペースをあけずに「#」をつける

Twitter 検索結果画面

②「#特定キーワード」が入ったツイートが表示される

Twitter 検索結果画面

「#」のついたワードは青字で表示されるので視覚的にもわかりやすく、スムーズに情報収集ができます。

【“”検索】完全に一致するワードを含むツイートを検索するには?

Twitterで長いワードや単語が組み合わされたワードを検索すると、余計な文字を含んだツイートまで表示されてしまいスムーズに情報を得られない場合があります。

そこで便利なのが「””」を使った検索方法です。

この記号でかこんで検索すれば、完全に一致するワードが入ったツイートだけ表示されるようになっています。

①キーワードを「””」でかこんで検索する

Twitter 検索結果画面

このとき記号とキーワードの間にスペースをあける必要はありません。

②「””」内に打った文字に完全に一致するキーワードを含んだツイートが閲覧可能に

Twitter 検索結果画面

「””」内のワードが崩れたり離れたりせずに、検索ワードを含むツイートが表示されるようになっています。

【Twitter】《応用編》特定ユーザーの画像や動画を検索する方法

Twitterでは画像や動画なども検索できます。

特定アカウントの投稿を調べることができても、ワード検索だけでは情報を絞りきれないという場合は、ぜひこれまでご紹介した検索方法を応用して画像や動画を検索してみてください。

ここからは、基本的な検索方法を応用してさらに効率的に情報を調べる方法をご紹介していきます。

画像ありのツイートを検索するには

まずは特定アカウントからのツイートの中でも、画像が含まれる投稿だけを検索する手順をご紹介します。

①「from:@ユーザーID filter:images」で検索する

Twitter 検索画面

指定のアカウントからのツイートに絞ることができる「from:@ユーザーID」と「filter:images」を合わせて打ちます。

このときユーザーIDと「filter〜」の間はスペースであけて打ってください。

②特定ユーザーからの画像つきのツイートが閲覧できる

Twitter 検索結果画面

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。