『かわいい』が生まれる場所。

【楽天マガジン】解約するベストタイミングは?方法と注意点を解説!

【楽天マガジン】解約するベストタイミングは?方法と注意点を解説!

【楽天マガジン】解約の注意点

楽天マガジンを解約する前に、知っておくべき注意点を3つ紹介します。

  • アプリからの解約はできない
  • 楽天会員を退会すると楽天マガジンも解約になる
  • 無料お試し期間の適用は1度だけ
  • 【有料プラン】契約期間中の解約なら契約終了日まで利用できる
  • 退会後にアカウントの復活・返金はできない

それでは、詳しく見ていきましょう。

アプリからの解約はできない

楽天マガジンのアプリには、解約手続きの画面がありません。なので、解約をするには、楽天マガジンの公式ホームページで手続きをする必要があります。

ちなみに、契約の確認やプラン変更も同じです。アプリは読む専用のものとなっているので、契約手続きに関することはウェブ上で行いましょう。

楽天会員を退会すると楽天マガジンも解約になる

楽天会員を退会すると、紐づけされているサービスが利用できなくなるので、その内である楽天マガジンも解約となります。

また、楽天ポイントも無効となるので、ポイントの利用もできなくなります。楽天マガジンを継続して利用したい場合は、間違えてアカウントを退会しないように注意しましょう。

ちなみに、アカウントの退会手続きをしてしまうと、元に戻すこともできません。また楽天マガジンを利用するためには、アカウントを再登録し、もう一度購入する必要があります。

無料お試し期間の適用は1度だけ

無料お試し期間の適用されるのは、最初の一回だけです。逆に、何度も無料プランを利用できると、無料のまま使い続けることができてしまいます。

無料プランを解約後に、もう一度契約しようとしても、契約はできないので覚えておきましょう。

30日間の最終日ギリギリまで使ってから、継続するかどうかを決めると良いでしょう。

【有料プラン】契約期間中の解約なら契約終了日まで利用できる

無料プランの場合は、解約したタイミングで利用できなくなりますが、有料プランなら解約しても契約終了日まで利用が可能です。

例えば、プランを更新して20日後に解約した場合。残りの10日はいつも通り楽天マガジンを利用がすることができます。

契約終了日が分からないときは、「マイページ」から確認できます。

「ログインページ」→「ご契約内容の確認・変更」の順にクリックしていくと「マイページ」が開くので、ご契約内容の「現在のご契約期間」の欄から確認しましょう。

解約が決まっているときは、早めに解約しておきましょう。手続きが遅れると、更新されてしまいます。

退会後にアカウントの復活・返金はできない

楽天マガジンのサービスを退会した後に、以前使用していたアカウントを復活することはできません。なので、ダウンロードしていた雑誌や閲覧履歴、お気に入りなどの情報はすべて削除されてしまいます。

また、途中で退会した場合でも、日割りの料金が返金されることはありません。有料プランなら、契約終了日まで利用できるので、なるべく最終日ギリギリまで使ってから退会することをおすすめします。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。