『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】定期購読(サブスクリプション)とは?解約の方法も

【iPhone】定期購読(サブスクリプション)とは?解約の方法も

解約しても次回の請求〆日までは引き続き利用できる

月額制のサービスによっては、1ヶ月分の月額料金は発生するけれど、解約操作をするとすぐに利用できなくなるサービスがありますよね。

しかし、定期購読にしておけば基本的には解約操作をしたとしても次回の請求〆日までは利用できるので、契約の途中で解約操作をしても無駄なく最後まで利用することが可能です。

iPhoneの定期購読の場合、解約操作をするときにサービスが使えなくなる予定日も表示されるので、いつまで利用できるのか一目でわかるようになっています。

終了予定日

そのため、念のために解約操作をしたときにはサービス終了日の確認もしておきましょう。

トライアル期間中の解約をするとすぐに利用できなくなることもある

先ほど、定期購読は基本的に解約しても次に請求〆日までは利用することができるとご紹介しましたよね。

しかし、あくまでも「基本的に」次の請求〆日まで利用できるだけで、全てのサービスがそうではないので注意が必要です。

特に、無料お試し期間中に解約をする場合には解約操作をするとすぐに利用できなくなる場合が多いため、「ギリギリまで使ってみたい」という方は、有料に切り替わる日をチェックして解約する日を事前に決めておくようにしましょう。

最初にお話ししましたが、解約するタイミングを間違えたり解約し忘れたりしてしまうと自動的に更新されて支払いが発生してしまうので、サービス更新日のギリギリに解約操作をする場合には十分に注意してくださいね。

個別アカウントを作って契約しているなら解約は各サービスごと

iPhoneの本体設定やApp Storeなどから設定できる定期購読(サブスクリプション)は、Apple IDを利用してサービスに登録し、Apple IDの支払いに設定している方法で料金の引き落としを設定しているものになります。

Apple ID以外の個別アカウントを作成し、契約しているサービスについては今回ご紹介した方法では確認・解約を行うことはできないので注意しましょう。

個別アカウントで登録しているサービスについては、それぞれのサービスにログインして解約操作を行う必要があり、本体設定の定期購読(サブスクリプション)項目には表示されません。

しかし、何も表示されていないからといって料金が発生しているサービスが全てクリアされたとは限らないので、何をどの方法で契約したのか覚えておくことが大切です。

定期購読(サブスクリプション)は登録も解約も簡単!

今回は、定期購読(サブスクリプション)についてご紹介しました。

契約しているサービスによっては解約するのに時間がかかるものもありますが、iPhoneの定期購読(サブスクリプション)で登録しているものについては解約や確認操作が簡単にできます。

わざわざ解約専用サイトにアクセスしなくても、本体設定から解約することもできるのは定期購読(サブスクリプション)ならではのメリットではないでしょうか。

これから月額制・年額制のサービスの登録を検討している方は、一度利用してみてもいいかもしれませんよ。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。