スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】「マップApp」の履歴を削除!Google マップも

【iPhone】「マップApp」の履歴を削除!Google マップも

【iPhone】「マップApp」の履歴を削除する方法

マップアプリの履歴は2つあること、履歴を残すことにはメリットもデメリットもあることがこれで分かったと思います。

履歴を残すメリットよりもデメリットの方が大きいと感じ、「マップApp」の履歴を消去したいと考えているユーザーは多いかもしれません。

これから、iPhoneの「マップApp」を実際に開いて履歴をどのように消去するかを説明していきます。

最近表示したマップの履歴を削除する

最初に紹介するのは、最近検索をかけてマップ上に表示させたロケーションの履歴をピンポイントで消去する方法です。

ホーム画面にある「マップApp」を開きましょう。

マップApp

トップ画面が立ち上がったら、画面中央下に表示されている「検索フィールド」をタップします。

検索フィールド

「検索履歴」と「近くで見つかる」の2つのデータが表示されます。画面の右上に「すべて見る」があるのでタップしましょう。

すべて見る

過去に検索をかけてマップ上に表示させたロケーションが一覧になって表示されます。その中からピンポイントで消去したいロケーションを選び、指で左に向かってスワイプしましょう。

スワイプ

「共有」と「削除」の2つのオプションが表示されるので「削除」を選択しましょう。これで選択したロケーションの履歴がピンポイントで消去されます。

消去

過去のマップの履歴を一括して削除する

「マップApp」で消去できるのは、個々のロケーションの履歴だけではありません。

これまで検索をしてマップ上に表示させたすべてのロケーションの履歴を一緒にまとめて消去することもできます。

操作手順を説明します。

先ほど説明した手順に従い「検索フィールド」→「すべて見る」と進み履歴の一覧を立ち上げましょう。画面の右上に「消去」があるのでタップしましょう。これで表示されている履歴のすべてが同時に消去されます。

消去

iCloudをオフにして一時的に削除ができる

iPhoneや他のiOSデバイスはバックアップやデータの保存を目的に、iCloudというインターネットストレージに自動的にデータが共有されるように設定されています。

「マップApp」アプリ上で作成された履歴は自動的にiCloudに反映されます。

古いバージョンのiOSを搭載しているiPhoneユーザーの中には、「マップApp」で消去したはずの履歴が元に戻ってしまう問題が起こるようです。

一時的な解決策ではありますが、iPhoneの「マップApp」とiCloudの紐付けを解除すれば、消去した後元に戻ってしまったデータがiCloudに共有されなくなるため、消去した状態を保つことができます。

操作手順を説明します。

ホーム画面にある「設定」アプリを開きましょう。

設定アプリ

iPhoneの全般的な設定を行うための画面が立ち上がるので「ユーザー名」をタップします。

ユーザー名

Apple ID画面が立ち上がるので「iCloud」をタップしましょう。

iCloud

iCloudと紐付けされているすべてのアプリが一覧になって表示されているので、その中から「マップ」を見つけ「OFF」に設定しましょう。

マップ

【iPhone】「マップApp」に残る「行動履歴」を削除するには?

ここまで「マップApp」の1つ目の履歴項目である「検索履歴」の消去方法を説明してきました。

次に、もう1つの履歴項目である「行動履歴」を消去する方法を説明します。

「行動履歴」は「検索履歴」とは異なり、自分の過去50日間のすべての訪問・滞在記録がマップ上での位置情報と共に克明に表示されます。

そのため、もし全く知らない第三者に見られてしまったら自分の居場所を特定されてしまうため、迷惑行為の被害者になる可能性が高くなります。

こうした理由のため、「行動履歴」は「検索履歴」より重要度とプライバシー度が高いと言えます。

行動履歴を確認する方法

まずiPhoneの端末内のどこに「行動履歴」が保存されているかをチェックしていきます。

「設定」アプリを開き「プライバシー」をタップしましょう。

プライバシー

iPhoneのプライバシー設定の詳細が行える画面が立ち上がります。画面の上に「位置情報センター」があるのでタップしましょう。

位置情報センター

iPhoneの「位置情報サービス」と紐付けされているアプリが一覧になって表示されます。画面を下に向かってスクロールすると「システムサービス」があるのでタップしましょう。

システムサービス

「システムサービス」の画面になります。画面を下に向かってスクロールすると「利用頻度の高い場所」があるのでタップしましょう。

利用頻度の高い場所

本人確認をするための認証を行うポップアップが表示されます。Touch IDまたはFace IDのどちらかで認証を行いましょう。

認証

「利用頻度の高い場所」の画面が立ち上がります。画面に「履歴」がありますが、ここに行動履歴が表示されます。表示されている行動履歴を1つ選びタップしましょう。

行動履歴

行動履歴の詳細が記載されています。表示されているマップには滞在していたロケーションの位置情報が表示されています。

行動履歴

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。