スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】Twitterでアカウントを削除するには?復活方法も

【iPhone】Twitterでアカウントを削除するには?復活方法も

アプリの削除やログアウトは退会したことにならない

アカウントはアプリを削除、もしくはログアウトすると削除されると思われている方もいますが、それだけではTwitterから退会したことにはなりません。

アカウントを削除するには、先ほどご紹介した手順で削除申請を行う必要があります。

削除後30日以内はアカウント情報が保持される

削除したアカウントのユーザー名やツイートなどの情報は、削除から30日間は保持されます。

この間は、同じユーザー名やメールアドレス、電話番号で新しいアカウントを作成することができません。

31日以上経ってアカウント情報が完全に削除されれば、そのアカウントで使用されていたユーザー名などを再び使えるようになります。

投稿が完全に削除されるとは限らない

アカウントを消したとしても、今までの投稿が完全に削除されるとは限らないので注意しましょう。

投稿が残ってしまう理由としては、以下の点が挙げられます。

  • 他のユーザーにスクショを撮られていた
  • GoogleやYahoo!などの検索エンジンにキャッシュが残っている
  • 「Togetter(トゥゲッター)」「Twilog(ツイログ)」などの外部サービスに登録されている

ネットに個人を特定できるような情報を投稿している方も多いですが、投稿する際は一度ネットに投稿したものを100%完全に消すのは不可能だと考えたうえで慎重に投稿するようにして下さい。

【iPhone】Twitterでアカウントを削除したら復活できる?

一度は退会したものの、気が変わってTwitterの利用を再開したくなった…という時もあると思います。

その場合は、新規登録ではなく一度削除したアカウントで利用を再開したいものですが、Twitterでは削除したアカウントを復活させることはできるのでしょうか?

退会した情報で30日以内にログインすれば復活できる

Twitterから退会しても、アカウント情報が保持されている期間内(30日以内)であれば復旧させることが可能です。

復旧方法は簡単で、ユーザー名(またはメールアドレスか電話番号)とパスワードを入力してログインするだけOKです。

退会してから31日以上経っている場合は復旧できないので注意して下さい。

Twitterアカウントを復活する方法

先ほども申し上げた通り、削除したアカウントは以下の手順でTwitterにログインするだけで復旧できます。

①アプリを起動します。

アプリを起動

②「ログイン」をタップしましょう。

「ログイン」をタップ

③ユーザー名(またはメールアドレスか電話番号)とパスワードを入力したら、「ログイン」をタップして下さい。

ユーザー名(またはメールアドレスか電話番号)とパスワードを入力

④「復活させる」を選択します。

「復活させる」を選択

これで復活完了です。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。