スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPad】Touch ID(指紋認証)の使い方!登録方法も紹介

【iPad】Touch ID(指紋認証)の使い方!登録方法も紹介

App Storeで使う

続いてTouch IDを使って「App Store」でアプリの購入をする操作手順を説明します。ホーム画面にある「App Store」を開きましょう。

App Store

購入したいアプリを選択します。選択したら「入手」を押しましょう。

入手

支払いをTouch IDで行うためのポップアップが表示されるので、ホームボタンに指を置いて認証しましょう。

Touch IDでの支払い

【iPad】Touch ID(指紋認証)の注意点

iPadの指紋認証がとても便利な機能であることが分かったのではと思います。

面倒なパスコードやApple IDのパスワードを毎回打ち込まなくてもロック解除や購入手続きを行えるTouch IDの指紋認証は、デバイス操作のスピーディー化を図るのに最適です。ただ便利であればあるほどリスクも大きくなります。

これからiPadの指紋認証を利用する際に覚えておくべき大切なことを2つ紹介します。

【アンロックを防ぐ】Lightningポートの確認をして

指紋認証は商品の購入の際に必須とされているApple IDのパスワードを打ち込まなくてもApple IDに紐付けされているクレジットカードから支払いが行える便利なシステムではありますが、逆に他人に悪用されれば大きな被害が及ぶことになります。

特に注意が必要なのが「Lightningポート」の確認です。現在ネットショップなどで市販されている周辺機器の中には、iPadのLightningポートに接続してロックを簡単に解除できる悪質な機器があります。

これを防ぐために設定の確認を行う必要があります。設定方法を説明します。「設定」アプリを開き「Touch IDとパスコード」をクリックします。ここに「USBアクセサリ」があるので必ず「ON」に設定しましょう。

USBアクセサリ

場合によってはパスコードを要求されることも

指紋認証は便利ですが、ホームボタンが汚れていたり、指の置き方がズレたり、あるいは指が汗や水で濡れていると読み取れなくなるためロック解除ができなくなります。

数回試してもロックが解除できないと、パスコードの入力を求められます。パスコードを覚えていなければロック解除ができなくなってしまいます。そうした事態を避けるため、パスコードを紙に書くなどして安全な場所に保存しましょう。

便利なTouch IDの設定をして指紋認証を試してみよう!

外出の際には必ずマスクをしなければならない毎日の生活はとても苦痛に感じます。外出先でiPhoneやiPadのロック解除をする際にマスクを外して顔認証を行うかもしれません。でも周りの人に気づかずに空気感染でコロナウイルスに感染してしまうかもしれません。

でもTouch IDの指紋認証を搭載したiPadであればどこにいても安心してデバイスの操作ができます。まだ指紋認証の設定をしていないなら、ぜひ設定して使ってみましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。