スマホで見つける、もっと可愛い私

【Apple Watch】初期化(リセット)・ペアリング解除・復元方法をまとめて解説!

【Apple Watch】初期化(リセット)・ペアリング解除・復元方法をまとめて解説!


【Apple Watch】初期化したけどデータを戻したい!復元方法は?

古いApple Watchを売却するために初期化をするのではなく、Apple Watchの調子が悪く問題を改善するために初期化したのであれば、作成したバックアップでデータを復元しなければなりません。どのようにデータの復元を行うかをこれから説明します。

自動でバックアップデータが作成されるので復元は簡単!

Apple Watchのデータのバックアップ作成は、ペアリングされているiPhoneに自動で行われます。ですからバックアップ作成のために手動で行うことは何もありません。バックアップが作成されるタイミングは2つあります。

Apple WatchとペアリングされているiPhoneがiCloudまたはiTunesにバックアップされる時と、Apple WatchとiPhoneのペアリングがキャンセルされるときです。

バックアップする方法

初期化されたApple Watchを開きます。トップ画面が表示されるので「ペアリングを開始」をクリックしましょう。

ペアリングを開始

「Apple Watchを設定」画面になるので「自分用に設定」をクリックします。

自分用に設定

「Apple Watchのペアリングが完了しました」画面になるので「バックアップから復元」をクリックしましょう。

バックアップから復元

「バックアップから復元」画面になります。バックアップリストが表示されるのでタップして「✔」を入れましょう。終わったら「続ける」をクリックします。

バックアップから復元

Apple Watchとの同期が開始されます。

同期開始

バックアップが終了しApple Watchが使えるようになります。

バックアップの完了

【Apple Watch】初期化して売却・下取りに出したいときは

Apple Watchをリセットする理由はいろいろありますが、機種変更のために端末を売ったり下取りのために手放したりするのが目的なら、リセットする前に行うべき大切なことが2つあります。

ペアリングを解除しよう

最初に行うべき大切なことは、ペアリングをキャンセルすることです。ペアリングはBluetoothによってApple WatchとiPhoneを繋げ、Apple Watchを使用できるようにする設定のことですが、ペアリングにはもう1つ大切な意味があります。

ペアリング状態にあるApple Watchは「iPhoneを探す」が有効になっているため、紛失したApple Watchの追跡と現在地の特定が行えます。

ペアリングの解除が行われていないと、自分のApple Watchを購入したユーザーの現在地が特定できてしまうためプライバシー侵害になります。ペアリングの解除は必ず行いましょう。

アクティベーションロックを解除しよう

2番目に行うべき大切なことは、アクティベーションロックを解除することです。この記事で説明した点ですが、アクティベーションロックとは、「iPhoneを探す」の機能の一部です。

ではアクティベーションロックの解除とペアリングの解除にはどんな違いがあるのでしょうか。

ペアリングはApple Watchの場所を特定する機能で、アクティベーションロックは第三者がApple Watchを不正操作しないようにするためにApple IDとパスワードでロックをかける機能のことです。

ペアリングが解除されていても、アクティベーションロックが解除されていなければ、自分のApple Watchを購入した人はApple Watchを使用できないので大変迷惑をします。かならず解除しましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。