スマホで見つける、もっと可愛い私

【iCloud Drive】アップグレードする方法を解説するよ!

【iCloud Drive】アップグレードする方法を解説するよ!

「iCloud Drive」とは、Appleが提供しているクラウドストレージサービスです。

以前からあった「書類とデータ」の機能がさらに強化されたサービスで、iCloud Drive上にあるデータは同じApple IDにサインインしているデバイス間で共有することが可能です。

実は、2022年5月にiCloudの「書類とデータ」が終了予定となっており、引き続きデータを利用するには移行先である「iCloud Drive」へアップグレードする必要があります。

今回は、iCloud Driveへアップグレードする方法について詳しく説明していきます。

【iCloud Drive】アップグレードする前に!知っておきたいこと

実際にiCloud Driveへアップグレードする前に、まずはアップグレードできる端末やシステム条件などを確認しておきましょう。

2022年5月にiCloud の「書類とデータ」はサービス終了

Appleは、iCloudの「書類とデータ」を2022年5月に終了し、Appleのクラウドサービス「iCloud Drive」へ完全に移行すると発表しています。

iCloudの「書類とデータ」には、iCloudに対応している各アプリの設定やキャッシュ、履歴、作成したファイルなどのデータが保存されています。

同じApple IDにサインインしているApple製の端末同士で「書類とデータ」を共有でき、データの変更もすぐに反映されるのでとても便利です。

しかし、2022年5月からは「iCloud Drive」にアップグレード(設定を有効)しないと「書類とデータ」に保存されていたデータは閲覧できなくなってしまうので注意が必要です。

iPhone・iPad・PCからアップグレードできる

iCloud Driveへのアップグレードは、iPhone・iPad・PC(Mac・Windows)から行えます。

iPhone・iPadの場合は「設定」アプリ、Macの場合は「システム環境設定」、Windowsの場合は「iCloud for Windows」からアップグレードできます。

また、Web版のiCloudでApple IDにサインインしてアップグレードすることも可能です。

【iPhone・iPad】iCloud Driveが使える条件は?

iPhone・iPadでiCloud Driveを使うには、iOS 8以降にアップデートしておく必要があります。

iOS 8以降にアップデートできないiPhone 4以前、iPad(第1世代)では使えません。

【PC】iCloud Driveが使える条件は?

PC(Mac・Windows)でiCloud Driveを使うには、以下の条件を満たしておく必要があります。

OS 条件
Mac OS X Yosemite以降
Windows Windows 7以降(iCloud for Windows 4.1以降のインストールが必要)

参照:Appleサポート

以上の条件を満たしていないPCではiCloud Driveを利用することができません。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。