スマホで見つける、もっと可愛い私

Google カレンダーで予定を検索する方法!できないときの対処法も

Google カレンダーで予定を検索する方法!できないときの対処法も

Google カレンダーは、AndroidユーザーだけでなくiPhoneユーザーからも高い評価を得ています。

Google カレンダーは、ビジネスミーティングや友だちとの遊びや食事などのスケジュールを簡単にカレンダー上に記入して管理できるだけでなく、日程が近づくとリマインダーを通知してくれるので大変便利です。

仕事や遊びの予定を効率よく確認したいときに活用できるのが、Googleカレンダーの検索機能です。

そこで今回は、Google カレンダーの検索機能について解説していきます!

Google カレンダーとは?

Google カレンダーは、パソコンやAndroidだけでなくiOS端末であるiPhoneやiPadでも利用でき、iOS端末の標準カレンダーアプリと同期できるためスケジュールの一括管理が行うことができます。

Google アカウントごとに予定を管理できるサービス

Google カレンダーの魅力は、Google アカウントごとにスケジュールを管理できることです。

仕事でGoogleが提供しているサービスを利用しているユーザーは、仕事とプライベートを混同しないようにするため2つ以上のGoogle アカウントを作成しています。

仕事に関連した大切な予定とプライベートで設定した予定がすべて同じカレンダー上で管理されると分かりづらく、大切な予定を見落としてしまうリスクも生じます。

でもGoogle カレンダーは、Google アカウントごとに異なるカレンダーを利用できるので、仕事とプライベートを完全に切り離して予定管理が行うことができます。

無料で使える

Androidユーザーだけでなく、iPhoneユーザーの間でもGoogle カレンダーが高く評価され利用されている理由には、Google カレンダーの使いやすさ、操作性、機能の充実度に加えて、すべて無料で利用できるという点も挙げられます。

Google カレンダーを利用するための条件は、Google アカウントを作成することだけで、Googleアカウントを作成するのに課金されることはありません。

たくさんのGoogle アカウントを持っていればたくさんの異なるGoogle カレンダーを利用できますが、すべて無料なので大変お得です。

【Google カレンダー】便利な検索機能がある!

この記事の冒頭で少し触れた点ですが、Google カレンダーには便利な検索機能があります。

ユーザーの中には1年間の予定をすべてカレンダーに記入し、必要に応じて詳細な予定を付け加えていきながら予定全体を管理する人がいます。

また仕事でGoogle カレンダーを利用しているユーザーは、2ヶ月先、半年先、1年先の予定をその都度カレンダーに書き加えていかなければなりません。

日程が近づけばリマインダーで教えてくれるものの、予定の管理をするためにはすべての予定を把握する必要があります。

そのために活用できるのが検索機能です。

Google カレンダーには登録済みの予定を検索する機能がある

Google カレンダーの検索機能使うと、登録済みの予定をピンポイントで検索しチェックできます。

仕事で予定を管理しているユーザーであれば「会議」「待ち合わせ」「商談」「支払い」といった大切な予定をカレンダーに保存して管理していると思います。

Google カレンダーは検索フィールドに関連ワードを入力すると、確認したい登録済み予定がすべてヒットして表示されるので、Google カレンダーを指でスワイプしながらお目当ての予定を探す必要がなくなります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。