スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneの復元後にアプリが読み込み中のまま進まない時の対処法

iPhoneの復元後にアプリが読み込み中のまま進まない時の対処法

App Storeのシステム障害

App Storeのシステム障害

アプリが読み込み中のまま進まないのは、iPhoneをインストールしようとしたタイミングでApp Storeのシステムに問題が発生した可能性もあります。

アプリをインストールする時はApp Storeのシステムと通信を行うので、システム自体に問題が起きると通信が上手くいかず、正常にインストールすることができません。

この場合、ユーザー側で対処する方法はないため、システムが復旧するまでしばらく待つしかありません。

なお、App Storeのシステムに障害が発生しているかどうかは、Appleの「システム状況」で確認できます。

システム状況

このページでは、Apple関連の各サービスのシステム状況を一目で把握できます。

「App Store」の項目に「利用可能」と書いてある場合は正常に稼働してますが、書かれていない場合はシステムに障害が発生しています。

【iPhone】アプリの待機中・読み込み中の対処法(本体の設定・確認)

iPhone本体の設定が原因でアプリが待機中・読み込み中になる場合は、以下の3つの対処法が効果的です。

  • ストレージの空き容量を増やす
  • 機内モードのON/OFFを切り替える
  • 機能制限にかかっていないか確認する

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

iPhoneのストレージの空き容量を増やす

アプリが読み込み中のまま進まないのは、ストレージの空き容量が不足しているのが原因かもしれません。

ストレージとは、アプリや写真、動画、音楽などのデータを保存しておく場所のことです。

ダウンロードしているアプリの容量がストレージの空き容量をオーバーしていると、端末にアプリをダウンロードすることができません。

そのため、読み込み中のまま進まない時は、ストレージの使用状況を一度確認してみましょう。

ストレージの使用状況は「設定」→「一般」→「iPhoneストレージ」で確認できます。

ストレージの空き容量を増やす

もし、空き容量が少なくなっていた場合は、

  • 不要なデータを削除する
  • オンラインストレージにデータを移行する
  • アプリやブラウザのキャッシュを削除する

などして空き容量を増やして下さい。

機内モードのON/OFFを切り替える

機内モードのON/OFFを切り替える

ネットに接続できる場所にいるのに、iPhoneの不具合が原因で「圏外」と表示されることがあります。

この場合は、機内モードのON/OFFを切り替えてみましょう。

そうすることで再びネットワークの電波を探しに行くようになり、「圏外」の表示が消えてネットに接続できるようになります。

iPhone SE(第二世代)を除くiPhone X以降の場合

  1. 画面の右上から下にスワイプして、コントロールセンターを開く。
  2. 飛行機マークのボタンをタップして、機内モードをONにする。
  3. 10秒以上待った後に再度飛行機マークのボタンをタップして、機内モードをOFFにする。
iPhone SE(第二世代)・iPhone 8以前の場合

  1. 画面の下から上にスワイプして、コントロールセンターを開く。
  2. 飛行機マークのボタンをタップして、機内モードをONにする。
  3. 10秒以上待った後に再度飛行機マークのボタンをタップして、機内モードをOFFにする。

iPhoneが機能制限にかかっていないか確認する

iPhoneには「機能制限」という、iPhoneの動作を制限する機能が備わっています。

例えば、アプリのインストールや削除、課金が制限されたり、許可されたアプリ以外使用できなくなったり、不適切なWebコンテンツにアクセスできなくなったりします。

復元後にアプリが読み込み中のまま進まないのは、もしかすると何らかのタイミングで機能制限がオンになっていて、アプリのインストールが制限されているのが原因かもしれません。

そのため、機能制限がオンになっていてアプリのインストールが制限されていないか一度確認してみましょう。

ここでは、iOS 12以降の機種を例に説明していきます。

「設定」を開いたら、「スクリーンタイム」をタップします。

「スクリーンタイム」をタップ

「コンテンツとプライバシーの制限」をタップしましょう。

「コンテンツとプライバシーの制限」をタップ

「iTunesおよびApp Storeでの購入」をタップして下さい。

「iTunesおよびApp Storeでの購入」をタップ

「インストール」が「許可しない」になっていた場合はそこをタップします。

「インストール」をタップ

「許可」にチェックを入れましょう。

「許可」にチェック

iOS 11以前の場合

  1. 「設定」を開いたら、「一般」をタップ。
  2. 「機能制限」をタップ。
  3. 機能制限用のパスコードを入力。
  4. 「機能制限解除」をタップ。

これで、インストールの制限を解除できます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。