スマホで見つける、もっと可愛い私

簡単!iPhone標準アプリでPDFを作成!手順・編集方法をご紹介

簡単!iPhone標準アプリでPDFを作成!手順・編集方法をご紹介

印刷した書類や名刺、説明書などの紙書類を電子化してスマホやPCに保存しておきたいと思ったことはありませんか?

実は、iPhoneならわざわざスキャナーを用意しなくても、Appleの標準アプリを使って書類をスキャンしてPDFとして保存しておくことが可能です。

今回は、iPhoneの標準アプリを使ってPDFを作成する方法について詳しく解説していきます!

Contents[OPEN]

iPhoneでPDFを作成する方法は?

iPhoneでPDFを作成する方法は、以下の2つです。

  • 標準アプリの「メモ」と「ファイル」を使う
  • 専用アプリを使う

では、以上の2つの方法をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

方法①標準アプリの「メモ」と「ファイル」を使う

1つ目は、Apple標準アプリの「メモ」と「ファイル」を使う方法です。

標準アプリの「メモ」と「ファイル」を使う

「メモ」アプリで作成したメモは、PDF形式に変換してiPhone内に保存したり他のユーザーと共有したりすることが可能です。

また、iOS 11以降の「メモ」とiOS 13以降の「ファイル」には書類をスキャンする機能が備わっています。

この機能を使えば、説明書や手書きのメモ、レシートなどをiPhoneのカメラでスキャンしてPDF化することができます。

方法②専用アプリを使う

「Microsoft Office Lens」や「写真 PDF 変換」など、他社製の専用アプリを使ってPDFを作成する方法もあります。

iOS 11以降のiPhoneであれば、他社製の専用アプリを使わなくても、標準アプリを使って書類をスキャンしてPDFとして保存できるので専用アプリは必要ありません。

ですが、iOS 10以前のiPhoneではスキャン機能が使えないので、場合は専用アプリを使って書類をPDF化して下さい。

iPhoneでPDFを作成する方法《メモアプリ》

ここからは、iPhoneでPDFを作成する方法をご紹介していきます。

まずは、標準アプリの「メモ」を使ってiPhoneで作成したメモをPDF化する方法を詳しく見ていきましょう。

手順①PDF化したいメモを「共有」

まずは、iPhoneのホーム画面から「メモ」アプリを探して起動します。

「メモ」アプリを探して起動

アプリを起動したら、PDF化したいメモを選択しましょう。

PDF化したいメモを選択

メモを開いたら、画面右上の共有アイコンをタップして下さい。

共有アイコンをタップ

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。