スマホで見つける、もっと可愛い私

Apple Pencilを持っているならこのアプリを使ってみて!

Apple Pencilを持っているならこのアプリを使ってみて!


Apple Pencilを使うべきおすすめアプリ!《画像編集系》

Apple Pencilは、iPad上でイラストを描くだけではなく、細かな修正作業をするにも便利です。ここからは、Apple Pencilで画像を編集するアプリについてご紹介してきます。

プロも使っている最強アプリ「Adobe Photoshop」

Adobe Photoshopアイコン画像

Adobe PhotoshopのiPad版も、多くの人が利用しているアプリの一つです。Photoshopはプロも使っているアプリで、実に数多くの機能があります。デスクトップ版と比べると使えない機能もありますが、それでも写真に写り込んだ不要なものを消したり、逆に湯気などを加えたりと、十分に細かい加工をすることができます。

色調補正が優秀な「Lightroom iPad版」

Lightroom iPad版は、簡単にいうと「写真の明るさの調整」「色味の調整」「光量などの補助効果」などの編集機能があり、写真そのものの質を高めるのに向いています。初めて使う人でもプリセットを当てるだけで、非常にレベルの高い調整をすることができます。

Lightroom iPad版アイコン画像

有料版はサブスクリプション制となっていて、月額550円がかかります。有料版は「RAWデータの読み込みと編集」「修復ブラシ機能」「選択範囲の編集」「ジオメトリの編集」「100GBもあるオンラインストレージ」の機能を使うことができるので、必要な方はぜひ試してみてください。

欲しい機能が揃っている「Affinity Photo」

iPadだけなのに、Photoshopのような編集をすることができるAffinity Photoもおすすめします。サブスクではなく買い切りのタイプで、たくさんの機能があります。

Affinity Photoアイコン画像

レイヤーはもちろんですが、RAW現象やブラシなど数多くの機能があります。写真データをよく編集するのであれば、おすすめのアプリです。

精度が高いシミ除去機能ポイント「Snapseed」

Snapseedアイコン画像

Snapseedを使うと、映したいものを撮ったのに暗く映ってしまった時に白飛ばしを抑えながら明るくしてくれたり、シミなどを編集で消すことも可能です。また、露出したい部分だけを見せるように加工したり、消したいものを映らないようにすることもできます。

Apple Pencilを使って自由度を上げよう

Apple Pencilにはさまざまな使い道があります。使えるアプリも豊富です。

メモアプリを使えば、ノートを取るときもiPadのみで完結するので、荷物がかさばることもありません。

画像編集アプリやイラストアプリでは、細かい修正ができるだけでなく、繊細な絵を自分で描くこともできます。

Apple Pencilをお持ちなら、今回ご紹介したアプリをぜひ試してみてくださいね♪

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。