スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneのiMessageで既読機能を設定する方法!SMSも解説

iPhoneのiMessageで既読機能を設定する方法!SMSも解説


【iPhone】iMessageの既読機能を設定する方法

iMessageの既読機能はデフォルトだと設定がオフになっているので、iMessageを確認したことを相手に通知したい場合は設定の変更が必要になります。

では、既読機能を設定する方法を詳しく見ていきましょう。

「開封証明を送信」の設定を行う方法

受信したiMessageを確認した時、相手の画面に「開封済み」と確認時間が表示されるようにするには、「開封証明を送信」という設定をオンにします。

設定をオンにするには、以下の手順で操作を行って下さい。

「設定」アプリを起動します。

「設定」アプリを起動

「メッセージ」をタップしましょう。

「メッセージ」をタップ

「開封証明を送信」の設定をオンにして下さい。

「開封証明を送信」の設定をオン

これで設定完了です。

特定の相手だけ既読機能を設定したくないときは

既読機能の設定をオンにすると、受信したiMessageを開封したことが相手に通知されるようになりますが、特定の相手にだけ通知されないようにしたい…という場合もあると思います。

そんな時は、以下の手順で既読機能の設定をオフにして下さい。

操作手順

  1. 「メッセージ」アプリを起動。
  2. 開封証明を送信したくない相手とのチャット画面を開く。
  3. 画面上部に表示されている相手の名前をタップ。
  4. 「情報」をタップ。

次に「開封証明を送信」の設定をオフにして、画面右上の「完了」をタップして下さい。

「開封証明を送信」の設定をオフ

これで設定完了です。

【iPhone】iMessageとSMS・MMSとの表示の違いは?

iPhoneの「メッセージ」アプリでは、「iMessage」「SMS」「MMS」の3種類のメッセージ機能が使えますが、この3種類の違いを意識して使っている方は少ないかと思います。

しかし、どのメッセージ機能を使ってやり取りしているかを正確に見分けられないと、想定外の料金が発生している場合もあるので注意が必要です。

では、「iMessage」「SMS」「MMS」の表示の違いをそれぞれ詳しく見ていきましょう。

【iMessage】青い吹き出し・「iMessage」と出るよ

iMessageでやり取りしている場合は、メッセージが青い吹き出しで表示されます。

青い吹き出し・「iMessage」と出る

また、画面上部とメッセージ入力欄には「iMessage」と表示されるので、iMessageでやり取りしているのかどうかは一発で見分けがつきます。

【SMS・MMS】緑の吹き出し・「SMS/MMS」と出るよ

一方SMSまたはMMSでやり取りしている場合は、メッセージが緑の吹き出しで表示され、かつ画面上部とメッセージ入力欄には「SMS/MMS」と表示されます。

緑の吹き出し・「SMS/MMS」と出る

吹き出しの色や画面上部・メッセージ入力欄の表示を見れば、iMessageでやり取りしているのか、それともSMS・MMSでやり取りしているのかはすぐに判別できます。

しかし、SMSとMMSでは吹き出しの色も画面上部・メッセージ入力欄の表示も同じなので、それだけではSMSとMMSのどちらでやり取りしているのか判別するのは難しいです。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。