スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneのiMessageで既読機能を設定する方法!SMSも解説

iPhoneのiMessageで既読機能を設定する方法!SMSも解説


SMS・MMSを見分ける方法

SMSとMMSを簡単に見分けるポイントは「文字数表示」です。

まずは、「メッセージ」アプリに文字数が表示されるように、以下の手順で設定を行って下さい。

操作手順

  1. 「設定」アプリを起動。
  2. 「メッセージ」をタップ。
  3. 「文字数」の設定をオンにする。

設定をオンにするとSMSでやり取りしている時のみ、一定数の文字を入力すると上の矢印ボタンの上に文字数が表示されるようになります。

上の矢印ボタンの上に文字数が表示

逆にMMSでやり取りしている場合は文字数が表示されないので、これでSMSなのかMMSなのか簡単に見分けられるようになります。

iPhoneのメッセージアプリで既読機能を設定できるのはiMessageのみ!

iPhoneのプリインストールされている「メッセージ」アプリでは、LINEのようにメッセージを確認したことが相手に通知される既読機能が備わっています。

既読機能をオンにしておけば、いつメッセージを確認したのかが相手に伝わるのでぜひ活用してみて下さい。

ただし、既読機能が使えるのはiMessageのみで、SMSとMMSでは使えないのでその点はしっかりと覚えておきましょう。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。