スマホで見つける、もっと可愛い私

【Instagram】バトンのやり方・注意点をご紹介!

【Instagram】バトンのやり方・注意点をご紹介!

《手順③》次にバトンを回したい相手をタグ付けする

画面の右上に「Aa」アイコンが表示されているのでタップしましょう。

「Aa」アイコン

キーボードの中にある「@」キーをタップして「メンション」を入力し、その後ろに次に「バトン」を渡したい次のフォロワー名を入力します。そして「発信者」から渡された「テーマ」に基づく何かを画面に入力しましょう。

ここでは「テーマ」に関連した絵を描いてみます。作業が終了したら画面右下に表示されている「完了」をタップします。

テーマの作成

完成した作品のプレビューが表示されるので確認し、問題がないようなら画面右下に表示されている「→」をタップしましょう。

プレビュー

メニューが画面の下にポップアップされるので、表示されている選択項目の中から「ストーリーズ シェア」を選びタップしましょう。これで完了です。バトンを渡される次のユーザーも同じ作業を行います。

完了

【Instagram】受け取ったバトンをやりたくないときはどうする?

Instagramの「バトン」は参加するフォロワーと親しくなれたり仲良くなれたりする効果がある一方で、頻繁に送られてくる「バトン」を受信し、テーマに関連のあるコンテンツを作成して次のフォロワーに渡すことに気が進まない人もいるかもしれません。

そんな時はどうすればいいのでしょうか。

参加は強制ではない

この記事で触れた点ですが、「バトン」は任意で参加するものであって、絶対に参加しなくてはいけないものではありません。

参加しなかったからと、その後特に何か困ることがあるわけではないので安心してください。

無視せず参加しない旨を伝えておこう

Instagramの「バトン」は任意で参加するとはいえ、「発信者」や参加者に何も言わずに次のフォロワーに渡さないとバトンリレーは止まってしまいます。

また、バトンがが誰で止まったのか突き止められて、自分がバトンリレーを止めた最後の人だと分かると、気まずい思いをしなければならなくなります。

参加したくない場合は、「バトン」を自分に渡したユーザーにまず連絡し、別のユーザーに渡して欲しい旨を伝えましょう。

そして「発信者」が誰かも聞いて「配信者」にもその旨を伝えるようにしましょう。

【Instagram】バトンに関する注意点

Instagramの「バトン」の目的は、参加者全員が楽しむことです。

これから、Instagramの「バトン」を楽しむために守るべき大切な4つのマナーを紹介します。

企画する場合ネガティブな内容は避けよう

最初のマナーは、「発信者」として「バトン」のテーマを企画する際に、ネガティブなテーマは避けることです。

ネガティブなテーマは誹謗中傷に発展する場合があり、参加者の中には不快な思いをする人が必ず出るはずです。

テーマは誰もが楽しめるものにしましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。