スマホで見つける、もっと可愛い私

【Android】画面の明るさを調整する方法!勝手に切り替わる原因も紹介!!

【Android】画面の明るさを調整する方法!勝手に切り替わる原因も紹介!!

スマホを使っていると、ディスプレイの明かりが眩し過ぎて目が疲れることがあります。

短時間であれば問題ないかもしれませんが、長時間ディスプレイを見続けて作業をすると目に大きな負担がかかり大変です。

Androidには、ディスプレイの明るさを調整できる機能が付いているのでとても便利です。

この記事でAndroidの画面の明るさを自動、手動で調整する方法を解説します。

Androidの機種によっては操作方法が異なる場合があるので注意してください。


【Android】画面の明るさを調整したい!

スマホを使っていて目がとても疲れることはないでしょうか。

眼の疲れを引き起こす原因の1つは、スマホの画面の明るさだと言われています。

画面が明るいと見やすいと感じる人はたくさんいますが、近距離でスマホを操作する人は、画面が明るすぎると目がチカチカして見続けることができなくなったことはありませんか?

ユーザーの好みに合わせて画面の明るさを調整できれば、もっと快適にスマホを利用できるようになります。

この記事では、Androidの画面の明るさを調整する方法について説明していきます。

明るさの変更は自動でも手動でもできるよ

Androidの画面の明るさは2つの方法で調整できます。

自動で調整する方法と手動で調整する方法の2つです。

自分の好みや用途に応じて選択できるのでとても便利です。

自動調整と手動調整の違いやメリット・デメリットについては後ほど説明していきます。

自分にとってベストな明るさに調整しよう

スマホ画面の明るさの最適度は人によって異なります。

デフォルトのままで問題ないという人もいれば、もっと暗くしたほうが快適だなと感じる人もいます。

画面の明るさの調整ができれば、自分に合ったベストの明るさにカスタマイズできるため、長時間スマホを使うことも快適になります。

【Android】明るさ調整は自動と手動どちらがおすすめ?

画面の明るさを調整できることはユーザーにとってメリットがあることがわかったかと思いますが、自分に最も合った明るさをカスタマイズするには、2つの異なる調整方法をしっかり理解することも大切です。

手動で調整する方法と自動で調整する方法のそれぞれに、どんなメリットとデメリットがあるのかをこれから詳しく解説します。

自動調整のメリットとデメリット

最初に紹介するのは、自動で画面の明るさを調整するメリットとデメリットです。

最大のメリットは、屋外でスマホを操作する際に日光に合わせて画面の明るさを自動調整してくれることです。

この点を理解するため、自動調整の仕組みを簡単に説明します。

スマホに内蔵されたセンサーは、周囲の明るさを感知して自動調整します。

周囲が明るければ画面の明るさを上げ、暗いと暗くしてくれるので屋外でスマホを利用する際には便利です。

自動調整の最大のデメリットはバッテリーをたくさん消費することです。

スマホのバックライトはたくさんの電力を必要とするため、明るさを自動調整によって上げ続けているとバッテリーの残量の減りが早くなってしまいます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。